学生の窓口編集部

写真拡大 (全13枚)



こんにちは! 都内を中心にさまざまな学食を巡っている早稲田大学学食研究会です。

先日、5/30付の朝日新聞上のある大学の広告がTwitter上で話題になりました。
≪遊びたい人が選ぶべき大学ではない。≫
こんな衝撃的な見出しで以下の文章が続きます。
「ある学科の学生が4年間に書くレポート・論文の枚数は約1000枚。修士・博士課程まで含めると約1200枚。この数字が表す日々の努力の上に、実力は積み上げられています。」

慶應義塾大学日吉キャンパスの学食に潜入! 「グリーンズマルシェ」人気No.1はジューシーなチキン竜田【全国学食MAP】

みなさんはどこの大学の広告かおわかりでしょうか。実はこれ、東京理科大学の新聞広告です。昨今の少子化による受験者数の減少をものともせず、本当にやる気のある学生だけを求めるとてもよい広告ですね。さて、今回はそんなやる気溢れる学生たちが学ぶ、東京理科大学神楽坂キャンパスにある学生食堂へ調査に向かいました。

キャンパス&学食の外観

東京理科大学神楽坂キャンパスは、JRの中央・総武線、東京メトロ東西線・南北線・有楽町線、都営大江戸線が乗り入れるビッグターミナルの「飯田橋駅」で下車し、JRなら西口、東京メトロ・大江戸線ならB3出口から徒歩1分に場所に位置しています。

東京で大学生活を送っている身からすると、東西線と南北線が交わる飯田橋駅は、東京駅以上に「東京の中心地」という感じがします。そんな持論「東京のど真ん中」にある東京理科大学、すばらしい立地ですね!

さて、大学構内に入ると8号館の校舎が見えてきます。

少し分かりにくいですが、この写真の奥の通路を進むと学食があります。

さて、日々の勉強やレポートで忙しい東京理科大生の食欲を支えている学食には、はたしてどのようなメニューがあるのでしょうか?!

学食の内観

東京理科大学の学生食堂は3フロアにわたって展開しています。2Fは麺類・カレー、1Fは定食・丼、B1Fはランチタイム限定でパン・弁当・軽食を販売しています。

内装はいたってシンプル。落ち着きのある空間となっています。

実はここは、昔は教室だったそう。東京理科大学のような都市型キャンパスはどうしてもスペースが限られるので、教室を改装して学食を作ることがあるそうです。壁には神楽坂周辺の地図が描かれており、ユニークですね。席数は約500席ありますが、ランチタイムになると混雑必須です。

メニューについて

ショーケース内は、他大学の学食では見たことがないような料理の充実度! たとえばラーメンだけでも味噌ラーメン、炙りチャーシュー麺、肉もやしラーメン、ごまラーメン、広東麺、タンメンとさまざまな種類のラーメンがショーケース内にひしめいています。「ここは中華料理屋か!」と突っ込みたくなるほどのメニューの豊富さです。

大学は『人種のるつぼ』と表現されることもあるぐらい、さまざまな考え、趣味趣向を持った人間がいる場所ですよね。しかし、学食にはランチタイムになるとたくさんの学生が訪れるので、メニューは調理しやすいように万人受けするシンプルになる傾向があります。そのため、「食べたいものがない」と毎日のランチをつまらなく感じている学生も少なくないのではないでしょうか。

その点、東京理科大学の学食は、学生の好みに最大限応えられるようにメニューの充実化を図っています。普通の学食とはちょっと違ったうれしい心遣いですね!


東京理科大学 学生食堂のおすすめメニュー第1位「ハンバーグ-オニオンペッパーソース-」(480円)

ご覧ください! なんて肉肉しいハンバーグでしょうか!

その重量は180gと食べごたえ抜群。パティは工場でオーダーメイドとして作ってもらい、肉と脂の比率には特にこだわっているそうです。ハンバーグの表面はこんがりと焼き目が付いており、香ばしい香りが漂ってきます。

さらにふっくらハンバーグをぱっくりと2つに割ると、中から溢れてくるのはたっぷりのジューシーな肉汁! その肉汁がオニオンペッパーソースと混ざり、超ド級の旨みを生み出します。さっぱりしていて出しゃばりすぎないソースの風味が、肉本来の味を引き立てていました。また、ソースはオニオンペッパーソースとトマトソースの2種類を日替わりで提供しているそう。その日の気分に合わせて楽しむことができますね!

「おもしろい!」と取材班のなかで話題になったのが、付け合わせのポテトチップスです。数々の学食を巡ってきた学食研もびっくり! まさか学食でポテトチップスを食べる日が来るとは考えもしませんでした……。他にライス、サラダ、味噌汁が付いてお値段なんと480円。こんなお肉本来の旨みを味わえるハンバーグがワンコイン以下で食べられるなんて、とってもお得ですね!

東京理科大学 学生食堂のおすすめメニュー第2位「ビビンパ丼(420円)」

「ビビン"バ"」ではなく、韓国語の発音に近い「ビビン“パ"」をメニュー名にしている東京理科大学のビビンパ丼。大きなどんぶりのライスの上には挽き肉、キムチ、山菜のナムル、にんじん、もやし、温泉卵の6種類が色鮮やかにたっぷりと載せられています。というのも、「学生にしっかり学食で野菜を食べてほしい」という想いがこのメニューには込められているんだそうです。

挽き肉には濃い目の味付けがしてあり、もやしやナムル、にんじんにも甘辛な味が染みわたります。ど真ん中に鎮座しているふっくらとした温泉卵を割ると、トロッと黄身が流れ出してきて、全体の辛めな味がまろやかに! 420円でたっぷりのボリュームとおいしさはすばらしい! 万人受けするビビンパです。

東京理科大学 学生食堂のおすすめメニュー第3位「チキン味噌マヨ焼き(420円)」

大きな鶏もも肉をこんがりと焼き、味噌マヨを塗った「チキン味噌マヨ焼き」。お肉に味噌マヨを塗るとすぐに皮がしんなりとしてしまうため、できる限り、パリパリジューシー感が残るよう出数を見ながら、その都度焼くようなオペレーションにしているそうです。

そういえば味噌マヨって誰が発明したんでしょうか……味噌とマヨ、まるでラッパーとお坊さんが出会ってしまい、意気投合したような、決して交錯しない者同士の出会い。奇跡の出会いから生まれた素晴らしい調味料だと思います……! そんな味噌マヨがたっぷり使われたチキンは味がとても濃く、ご飯を掻き込む手が止まりません! チキン1切れでご飯1杯は食べられてしまいそう。パスタとサラダも付いてきて、とても満足度が高いメニューです。

東京理科大学 学生食堂のおすすめメニュー番外編「七色丼(480円)」

東京理科大8号館の学生食堂では5,6,7,10,11,12月に月替わりで限定メニューが登場します。今月は彩り豊かな「七色丼」。

マグロ、ネギトロ、アボカド、納豆、オクラ、たくあんがバランスよく配置され、真ん中には温泉卵が乗ったどんぶりとなっています。粘り気のあるオクラや納豆、歯ごたえのあるたくあんなどいろいろな食感を楽しめます。それぞれの具を混ぜて食べることもできるので飽きずに完食してしまいました。暑くなり初めた初夏のこの季節にぴったりな具のチョイスに、食べる前から特に女子のテンションが上がること間違いなし! 小さな和傘が添えられているのが粋ですね。

総合評価

おいしさ:★★★★☆
メニューの豊富さ:★★★★☆
オリジナリティ:★★★★★
おしゃれさ:★★★☆☆
コスパの良さ:★★★★☆
ボリューム:★★★☆☆

東京理科大学神楽坂キャンパスの学生食堂は、職員の方の「学食を学生のためによりよくしたい!」という思いがひしひしと伝わってくる場所でした。メニューのオリジナリティに関しては他の学食の追随を許さないレベル! 全メニュー制覇したいぐらいです!

もちろん一般の方の利用も可能ですので、ぜひみなさんも東京理科大学の学生食堂で理科大生のやる気の源を体感してみてください!

文:早稲田大学公認サークル 学食研究会

1999年創立の日本最古の学食研究サークル。男女問わずインカレで現在約60名のメンバーが在籍し、都内を中心に様々な大学の学食を巡っています。