「エヴァンゲリオン VR The 魂の座」イメージ

株式会社バンダイナムコ エンターテインメントは13日、13種類のVRアトラクションが揃うエンターテインメント施設「VR ZONE SHINJUKU」を、7月14日に新宿歌舞伎町にオープンすると発表した。

 

本施設は、16種類のアトラクションが揃い、その内13種類がVRゴーグルを装着してバーチャルリアリティの世界を楽しめる、VR特化型のエンタメ施設。

 

「エヴァンゲリオン VR The  魂の座」では、エヴァのエントリープラグの中に乗り込んで第10使徒と戦い、「マリオカート アーケード グランプリ VR」では自分の体を使ってアイテムの甲羅を投げつけ、「ドラゴンボール VR 秘伝かめはめ波」ではかめはめ波を撃ってみたりと、没入感たっぷりのバーチャルの世界を堪能できる。

 

そのほかにも、飛行体験や釣り、スキー、サバイバル、ホラー、ガンダムなど、魅力的なコンテンツが揃う。

 

また、パックマンを映し出したり、アトラクションの「バーチャルリゾートアクティビティトラップクライミング/ナイアガラドロップ」など、プロジェクションマッピングも活用している。

 

同社によると、今後は、国内では株式会社ナムコと共同でVRアクティビティ店舗「VR ZONE Portal」を全国展開し、海外ではVRアクティビティを楽しめる店舗を20 店舗以上展開する予定だとしている。

発表資料

URL:https://bandainamcoent.co.jp/corporate/press/release/63/pdf/20170613-1.pdf

2017/06/14

 


▷こちらもおすすめ

ドコモ、スマートフォンの2017年夏モデル2製品を6月15日に発売

 

TP-Link、家全体に電波が届く無線LANルーター「Deco M5」を発売

 

サンワサプライ、MacBook用のUSB PD対応Type-Cハブ2製品を発売