メモリーやストレージ容量などニーズに応じて選べる

写真拡大

日本マイクロソフトは、モバイルノートパソコン「Surface Pro(サーフェス・プロ)」を2017年6月15日に発売する。

CPUやメモリー、SSD容量など構成の違う6モデル

これまでの同シリーズの長所を継承しつつ細部のデザインや内部設計を刷新。前モデル「Surface Pro 4」と比べ約20%のパフォーマンス向上を実現したという。プロセッサー(CPU)「Core m3」と「Core i5」搭載モデルはファンレス化による静音、長時間駆動が可能だ。

各モデル共通の主な仕様は、10点マルチタッチ対応の12.3型(2736×1824ドット)「PixelSense」ディスプレイを搭載。OSは「Windows 10 Pro」をプレインストール。800万画素リア/500万画素フロントカメラを装備。USB 3.0端子×1、microSDカードスロット、Surface Connect、Mini DisplayPortなどのインターフェイスを備える。IEEE 802.11 a/b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0をサポート。

参考価格は、CPU「Core m3」、メモリー4GB、128GB SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)搭載モデルが10万5800円(税別)。CPU「Core i7」、メモリー16GB、1TB SSD搭載モデルが31万5800円(同)など6モデルを用意する。