なでしこ、ベルギー戦で新システム採用 90分に濃縮された収穫と課題

写真拡大

前半は3バックが機能、攻守にバランスの良いゲームを展開

 なでしこジャパンは現地13日、今夏の欧州選手権に出場するベルギー代表と対戦し、1-1のドロー。

 収穫と課題が見えた欧州遠征2戦目となった。

 日本は高倉麻子監督が就任後初となる3バックを採用。前半は新システムが機能し、攻守にバランスの良いゲームを展開した。

 前半8分には、数的優位を生かした最終ラインのビルドアップから、DF熊谷紗希が前線にフィードを供給。攻撃参加したMF阪口夢穂がヘディングで落としたところを、FW横山久美が右足ダイレクトのミドルシュートで狙った。ドライブ回転がかかったボールはクロスバーに嫌われたが、鮮やかな崩しを見せた。

 一方で、日本のピンチはいずれもミスからだった。30分には相手のロングボールをクリアしようとした熊谷が空振り。相手FWケイマンに抜け出されたが、GK山根恵里奈のセーブで事なきを得た。しかし、今度はその山根は45分にCKで目測を誤った上に、ハイボールを処理する際にファンブル。なんとかゴールライン上でボールを抑えたが、冷や汗をかくシーンだった。結局、試合はスコアレスで前半を折り返した。

 途中出場の菅澤の一撃で先制するも…

 後半、日本はDF鮫島彩、DF佐々木繭、FW菅澤優衣香と交代カードを切り、4バックに変更する。全体のバランス維持に苦慮して攻守に安定感を欠いたが、後半23分についに先制点が生まれる。途中出場したFW籾木結花のFKを相手DFがクリアミス。こぼれ球を菅澤が左足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。

 しかし、その4分後、日本は左サイドからクロスを上げられると、ファーサイドのマークが遅れ、MFファンゴープに同点のヘディングシュートを許してしまった。

 その後はお互いに決定機を作ることはできず、試合はそのまま1-1のドロー。なでしこジャパンはオランダ、ベルギーと対戦した欧州遠征2連戦を1勝1分で終えた。今後は、来月27日にアメリカで開幕するトーナメント・オブ・ネーションズに出場し、ブラジル、オーストラリア、アメリカと対戦する。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images