Waymo(=Google)やUberなどのシリコンバレー企業を追うように自動運転カー技術の開発を進めていると見られていたAppleのティム・クックCEOが初めてインタビューでその事実を認める発言を行いました。

Tim Cook Says Apple Focused on Autonomous Systems in Cars Push - Bloomberg

https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-06-13/cook-says-apple-is-focusing-on-making-an-autonomous-car-system

2017年6月に開催されたWWDC 2017の会期中、6月5日に行われたBloombergのインタビューの中でクックCEOは「我々は自立運転システムに注力しています」と語り、かねてから絶えることのなかったうわさの内容を認めました。その中でクック氏は「これは、我々が非常に重要であると捉えているコアテクノロジーです」と語り、自動運転カーシステム開発は「全てのAIの母親のようなもの」であり、「おそらく取り組みを進めているAIプロジェクトの中で最も困難なものである」と語っています。

2014年に始動したと伝えられるAppleの自動運転技術開発プログラムは「Project Titan」とも呼ばれており、2017年4月には自社開発による自動運転カーのテスト走行を公道で実施することをカリフォルニア州のDMV (Department of Motor Vehicles:車両関連を扱う部局)から認可されています。その直後には、さまざまなセンサー類を搭載したレクサスのハイブリッドSUV「RX450h」がさっそくカリフォルニア市内を走行し始めている様子も激写されています。

Apple開発の自動運転カー・レクサスRX450hが公道でさっそく激写される - GIGAZINE



当初は自動運転カーそのものの開発とも伝えられてきたProject Titanですが、2016年半ばにはその目的が自動運転システムというソフトウェア分野の開発であると、プロジェクトの内容が変化したと推測されていました。

Appleの自動車開発に変化の兆候か?自動車本体からソフトウェアにシフトする可能性が報じられる - GIGAZINE



また、2016年9月にはプロジェクト内で大幅な人員整理が行われたとも伝わっていました。これについてはクック氏もインタビューの中で、多少の混乱が生じていたことを認める発言を行っています。

Appleによる自動車開発計画「Titan」が一部人員整理に着手、計画の見直しが指摘される - GIGAZINE



クック氏はインタビューの中で「我々は製品の目線で今後の見通しを語ることはありませんが、我々が自動運転技術をコアテクノロジーの1つと捉えていることは間違いありません」と語っていることからも、どうやらApple製の自動車が今後登場する可能性はあまり期待できない状況といえそう。その代わりに、Appleが開発したシステムを搭載する自動運転カーが世の中を走り回るようになれば、そのときはスマートフォンに続く第2の「Apple対Googleの争い」ということになるのかもしれません。