13日、このほど結婚を電撃発表した俳優マイク・ハーが、プロポーズの様子や4カ月になる長女の出産について語った。

写真拡大

2017年6月13日、このほど結婚を電撃発表した俳優マイク・ハー(賀軍翔)が、プロポーズの様子や4カ月になる長女の出産について語った。聯合報が伝えた。

【その他の写真】

「有閑倶楽部」や「悪魔で候」など数々のドラマ作品で知られるマイク・ハー(賀軍翔)が3日、フェイスブックで結婚を電撃発表。すでに生後4カ月の長女がいることも明らかになり、世間を驚かせた。

13日、家電メーカー主催のイベントに出席、この電撃発表から初めてメディアの前に姿を見せた。学生時代から交際していたお相手の女性は一般人ということで、あまり多くを語らなかったマイク・ハーだが、「何もかも自分より優秀」とベタ褒め。妊娠が分かったことで結婚へと話が進んだため、オメデタ婚だったことも明かしている。

これまで多くのドラマでロマンチックなシーンを演じてきたものの、実際のプロポーズは指輪さえ準備しておらず、恋人の前で片膝をつくだけのシンプルなものだった。慌ただしい結婚発表となったが、今後も披露宴などを行う予定はない。先月祖母を亡くしたばかりで、その喪が明けてから入籍手続きをするという。

出産にはずっと付き添い、その様子を録画していたという。初めて娘を見た瞬間、「涙がどっと出てきた」と当時の感動を語っている。(翻訳・編集/Mathilda)