上場企業の社長で最も多いのは慶應卒(慶應大学HPより)

写真拡大

 5月24日、三菱東京UFJ銀行の小山田隆頭取の体調不良による退任が発表され、後任として三毛兼承副頭取の昇格が発表されると、財界に衝撃が走った。過去の同行頭取が東大・京大出身者で占められるなかで、三毛氏は異例の「慶應出身」だったからだ。

 しかし、経済部のベテラン記者は「むしろ遅すぎたくらい」として、こう話す。

「三菱グループと慶應の長くて深い関係を考えれば、何ら不思議なことではなかった。江戸末期に慶應義塾を創設した福沢諭吉と、明治に入り、三菱財閥を興した岩崎弥太郎は同い年で盟友ともいえる関係にあり、岩崎は福沢の推薦を受けた慶應の学生を多く三菱グループに雇い入れてきました。

 その伝統はその後も変わることなく、三菱グループは役員数を見ても、慶應は東大に次ぐ第2勢力です。そんな慶應閥にとって、今回の三毛頭取誕生は、満を持しての登板といえる」

 三菱東京UFJ銀行においては「ようやく」の慶應出身頭取だったが、財界を見渡せば、上場企業には300人を超える慶應出身の社長がいる。

 東京商工リサーチによると、上場企業の社長で最も多いのは慶應卒。2位の早稲田、3位の東大を大きく引き離して1位に君臨している。トヨタ自動車の豊田章男社長をはじめ、サントリーHDの新浪剛史社長、星野リゾートの星野佳路社長などの有名社長に加え、丸紅、電通、キッコーマン、出光興産、中部電力、永谷園HD、東京海上HD、キリンHDなど、多くの大企業で慶應出身者が社長の椅子に座る。

 その背景には、慶應の卒業生(塾員)によって構成される同窓会組織「三田会」の結束力がある。キャンパスのある地名に由来を持つこのネットワークは、卒業から何年経っても慶應OBにとっては大きな力となるという。

 フジテレビの新社長に内定した宮内正喜・次期社長も、三田会への思い入れが強いようだ。

「慶應の入学式に行なわれる『卒業50年塾員招待会』に出席するため、当時社長を務めていたBSフジの入社式のスケジュールを変更した、と言われています。それほど慶應のOB会に出ることを大切に考えていたようです」(フジテレビ関係者)

 前出の経済部記者は、宮内氏は決して特別な例ではないと言う。

「企業の重要なポジションに近い人物ほど、慶應のOBが集まる三田会を重視しています」

 年を重ね、役職が上がるほどに効いてくるのが、三田会の強みである。

◆財界ジュニアが勢揃い

 三田会とはどんな組織なのか。統括組織である連合三田会の公表データによると、在籍する塾員は36万人を超える。卒業すると自動的に加入する卒業年度ごとの集まりである「年度三田会」、エリアごとの「地域三田会」など800以上の公認組織がある。「3人寄れば三田会」と言われるだけあって、少人数のものから大規模な組織まで様々だ。

 なかでも目を引くのは「勤務先別三田会」で、商社、銀行、保険会社、メーカー、通信、運輸、ゼネコン、マスコミと、あらゆる企業に三田会がある。さらに「職種別三田会」もあり、5000人規模の「公認会計士三田会」などが代表的組織だ。

 しかし、規模はさまざまだが他の有名大学にも同様のOB会はある。慶應三田会はどこが違うのか。

「21世紀に入ってからは、政治、経済の大きなトレンドは慶應出身者がつくってきました」

 そう話すのは『慶應の人脈力』著者の國貞文隆氏だ。それは慶應が「財界ジュニアの学校」であることが大きいという。

 トヨタ自動車の豊田社長、サントリーHDの佐治信忠会長、パナソニックの松下正幸副会長、永谷園HDの永谷泰次郎社長など、錚々たる創業家出身の財界の子弟が慶應に集う。

「実業を奨励した福沢諭吉の影響もあり、子供に一流の教育を受けさせたい親にとって、幼稚舎から大学までエスカレーター式で上がれ、しかも財界ジュニアが集まる学校は、日本では慶應くらいしかない。

 高校や大学から慶應に進学する場合も、オーナー系の老舗企業や有力企業の子息の多くは、東大や一橋大ではなく、慶應を目指す傾向にあります。財界に親和性があるうえ、その人脈ネットワークに連なることができるのもその利点のひとつです」(國貞氏)

※週刊ポスト2017年6月23日号