@AUTOCAR

写真拡大 (全2枚)

「ウルス」のための1.4倍拡張 音響施設も新設

ランボルギーニは、SUV「ウルス」の発売に向けた生産施設の拡張プランの一環として、プロトタイプおよびプレシリーズ車の開発エリアを大幅に拡大した。

面積は5000平方メートルから7000平方メートルへと拡大を遂げている。

また、音響実験施設があらたにオープンした。

ランボルギーニは「ランボルギーニのサウンドは、ならではの感動的な体験を象徴する存在です。最新の技術水準にもとづいて設計された音響実験施設では、特定の音感覚を調整することが可能となり、五感を総動員したドライビング体験を実現します」とコメントしている。

新施設では、軽量構造コンポーネントの音響調整をサポートしている。