<全米オープン 事前情報◇13日◇エリンヒルズ(7,741ヤード・パー72)>
歓喜のメジャー制覇から2か月。マスターズチャンピオンのセルヒオ・ガルシアが「全米オープン」での練習ラウンドを行った。「調子はいいよ」と、9番のパー3では、難しい左足下がりのバンカーからチップインを決め、練習日ながら大勢集まったギャラリーを喜ばせた。
あれ!?赤くない!黒いスパイダーで練習するセルヒオ・ガルシア
そんなガルシアがパッティング練習をしていて違和感を覚えた。マスターズ優勝時にあれだけテレビ画面でも映し出され、その後大人気でゴルフショップからも消えたという、テーラーメイドの“スパイダーツアーレッドパター”ではないのだ。初メジャー制覇を果たしたパターなのになぜ?
「もうレッドはやめたんだ。実は、本当はブラックがほしかったんだけど、そのときちょうどなくて、レッドにしただけだったんだよ(笑)」とガルシア。そんな話しがあったとは……。ガルシア効果ともいわれ、世界的に注目を浴びたパターの使用理由がこれだったとは。とはいえ、「性能は変わらないからね」(※編注:市販品はインサートの硬さが異なる)と、しっかりとフォローも入れてくれた。
「マスターズで勝ったからといって、この試合でアドバンテージになるわけではない、自分の力を信じてベストを尽くすだけ」と、一切のおごりなく、メジャー連勝に挑むガルシア。新パターを武器に、今週も主役を張ることができるか?
<ゴルフ情報ALBA.Net>

「あらゆる指標が示している」松山英樹のメジャー制覇に全米ゴルフ協会も太鼓判
【テンパリ編集K】ラフはキツいけど好材料かも!?-はじめての全米OP第2回
松山英樹と好相性?メジャー覇者「ボクが幸運を運んだのかもね」
米国転戦で奮闘中の池田勇太「今年は全英OPが2回か!?」
C・キムのPING新兵器は『G400LST』? スピン量が減って有利!?