【詳細】他の写真はこちら

ミッション・インポッシブルっぽい?

アウトドアではあまり考えたくないですが、気をつけなければならないのが荷物の盗難。出入りの多い場所では、特に気を配らなければなりません。そんな時に活躍してくれそうなのがこれ。野外に放置した荷物を賢く監視してくれる『LarryAlert』です。なんと、「防犯スペース」を作り出すレーダーなんですって。海外サイトでの価格は149ドル(約1万6000円)と、そこそこ良心的!

設定できる防犯スペースは3サイズ





『LarryAlert』は本体からXバンドのレーダー波を照射し、スクーターサイズのSmall、トラックの荷台ほどのMedium、テントを丸々監視できるLargeの3サイズの防犯スペースが設定できます。そして設定したスペースに人が侵入すると、防犯アラートを発するのです。

本体やスマホ経由でアラート





この製品は本体からのサイレンによるアラートだけでなく、スマホと連携しても動作します。アプリでは人が侵入した際に通知が受け取れるだけでなく、『LarryAlert』本体のフラッシュ付きカメラで撮影した写真を受信したり、スピーカー越しに話しかけたりすることもできるんだとか。iOS向けとAndroid向けのアプリが用意されており、アラートや撮影した画像の履歴も確認可能です。

本体のバッテリー駆動時間は8時間で、雨やホコリなどにも耐える全天候仕様。設置には吸盤やベルクロテープを利用します。

意外とお安い防犯手段





キャンプなどでも防犯に活用できそうな『LarryAlert』ですが、レーダーに捉えられないように物を運び出すゲーム、なんていうのも面白いかも? あ、でも残念ながら日本への配送は選択できませんでした。便利そうなのに惜しいなあ……。

文/塚本直樹

関連サイト



『LarryAlert』製品情報