日本では昔ながらの伝統的な保存食として知られる梅干し。豊富に含まれるクエン酸には疲労回復、抗酸化作用、新陳代謝促進といった効果が期待できることもあり、優秀な健康食品としても知られています。そんな梅干しではありますが、食べるだけでダイエット効果も期待できることをご存知でしたか?テレビで特集されたこともあって今話題となりつつある梅干しダイエットについて紹介したいと思います。

何故「梅干し」でダイエットができるのか

梅干しにはクエン酸だけでなく、ダイエットに効果的な「バリニングコシド」と呼ばれる成分も含まれています。バリニングコシドには脂肪を燃焼させる働きがあるので、梅干しを食べることでダイエット効果を高めることができるというわけです。ただでさえダイエットに効果的とされている梅干しではありますが、ちょっとした工夫を加えるだけで、更にダイエット効果を高める方法というものがあります。それは梅干しに熱を加えることです。

梅干しに熱を加えることで脂肪燃焼効果がアップ

梅干しにダイエット効果のある成分バリニングコシドが含まれていると説明しましたが、このバリニングコシドは熱を加えることで、「バリニン」という、より脂肪燃焼効果の高い成分に変化します。更に梅干しに含まれるクエン酸は、熱を加えることで糖と化学反応を起こし、「ムメフラール」という代謝促進効果のある成分が生まれます。つまり梅干しは熱を加えて食べると、バリニンとムメフラールのダブルパンチの脂肪燃焼効果が期待できるというわけです。梅干しに熱を加えるというのは斬新な発想ですよね。

梅干しダイエットのやり方

梅干しダイエットは基本的に毎日梅干しを2個食べるだけのかんたんな方法です。とはいえ上記で説明したように、梅干しに熱を加えた方がより効果的だとわかっているので、どうせなら焼き梅干しをつくってから食べておきたいものです。焼き梅干しの作り方としは、フライパンの弱火でそのまま焼く方法、アルミホイルに包んでオーブントースターで焼く方法、ラップをして電子レンジで温める方法など。一番のポイントは梅干しの内側までしっかり火を通させること。これでしっかりムメフラールが引き出されます。梅干しを食べるだけの非常に簡単な梅干しダイエット。夏の疲労回復や夏バテ対策にもなるので、挑戦してみてはいかがでしょうか。


writer:サプリ編集部