キアヌ・リーヴス

写真拡大

キアヌ・リーヴスが6月13日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた主演映画『ジョン・ウィック:チャプター2』のジャパンプレミアに、チャド・スタエルスキ監督、特別ゲストの和田アキ子とともに登壇した。

『ジョン・ウィック:チャプター2』ジャパンプレミア、その他の写真

本作は、伝説の元殺し屋ジョン・ウィックとロシアンマフィアとの死闘を描いた『ジョン・ウィック』シリーズ第2弾。ロシアンマフィアを相手に繰り広げた死闘から5日後、平穏な生活を送ろうとしてしたところに、更なる暗殺の依頼を受け、逃れられない運命に翻弄されていく姿を描く。

映画プロモーションとして来日するのは、前作以来、約2年ぶりとなるリーヴスは、大歓声のなか登場すると「独特の世界観、ソウルフルな魂、ほかの作品にはない新しさがある映画です」と最新シリーズのデキに自信を覗かせる。

その言葉通り、映像、アクション、物語、緊張感など、すべてにおいてハイレベルな作品に仕上がっているが、スタエルスキ監督は「柔術やサンボ、ガンフー(銃とカンフーを融合したアクション)やカーフー(車を使った波状攻撃)など、キアヌには5ヵ月にわたる激しいトレーニングを積んでもらったんです」と並々ならぬ決意で続編に臨んだことを明かした。

また本作の見どころの1つとして、『マトリックス』シリーズでリーヴスと一緒だったローレンス・フィッシュバーンとの共演が挙げられるが、リーヴスは「役者としても人としても素晴らしい」と絶賛すると「彼はパート1を見て気に入ってくれたので『続編に出てみないか?』とオファーしたら、1週間後にはすでに撮影場所にいたんだ」と裏話を披露した。

まだ第2弾が公開前にも関わらず、先日、シリーズ第3弾の構想も進行中という報道が出たことに、リーヴスは「製作できたらいいなとは思っていますが、それは観客のみなさんにかかっています」と詳細については煙に巻く。が、「もし第3弾を日本で撮影することになったら?」という質問には「皇居で撮影することはできるの? もちろん外側のお堀でいいんだけれど、飛び込んだりしてみたいね」と発言し、客席を沸かせていた。

後半には、特別ゲストとして歌手の和田アキ子が花束を持って登場。控え室で和田の代表曲である「あの鐘を鳴らすのはあなた」の動画を見たというリーヴスとスタエルスキ監督は「とても素晴らしかった」と感想を述べると、和田の黒のドレスについても「このまま映画に出演できるぐらいオーラがある」とスタエルスキ監督は絶賛していた。

『ジョン・ウィック:チャプター2』は7月7日より全国公開となる。
(text&photo:磯部正和)