仏パリにあるエリゼ宮(大統領府)で共同記者会見を行ったエマニュエル・マクロン大統領(右)とテリーザ・メイ英首相(左、2017年6月13日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】フランスのエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領は13日、英国の欧州連合(EU)残留に向けて「ドアは常に開かれている」と表明した。パリ(Paris)でテリーザ・メイ(Theresa May)英首相と会談した後、共同記者会見で述べた。ただ、メイ首相は離脱交渉を予定通り来週開始すると言明している。

 両首脳の政治的命運はこの1週間で明暗が分かれた。マクロン氏の新党は国民議会(下院)選挙の第1回投票で圧勝、議会で多数派を握る見通しとなった。対するメイ氏の保守党は総選挙で議席の過半数を割り込んだ。

 マクロン大統領は記者会見で「もちろん、ブレグジット(Brexit、英国のEU離脱)をめぐる交渉が終わらない限り、(残留への)ドアは常に開かれている」と述べた。

 その一方で、1年前の国民投票でEU離脱を決めたのは主権者である英国民だとも強調。交渉の開始が節目になるだろうと語った。

 メイ首相は、ベルギーのブリュッセル(Brussels)で来週始まる離脱交渉のスケジュールをしっかりと守るつもりだと言明。選挙結果を受けた困難にもかかわらず交渉は「予定通りに進む」とした。

 ドイツのウォルフガング・ショイブレ(Wolfgang Schaeuble)財務相も13日、ブルームバーグテレビジョン(Bloomberg Television)とのインタビューで「彼ら(英国民)が(ブレグジットの)決定を変えたいならば、(EU残留への)ドアは開かれている」と指摘。ただ、実際に英国がとどまる可能性は低いとの見解も示した。
【翻訳編集】AFPBB News