松本潤が再び破天荒な弁護士を熱演!

写真拡大

 TBSの日曜劇場枠で放送された松本潤の主演ドラマ「99.9 刑事専門弁護士」のシーズン2が、2018年1月に放送されることが決定した。TBSの連続ドラマでシリーズ化されたのは、「JIN 仁」以来6年ぶりのこと。あわせて、シーズン1で超型破りな若手弁護士・深山大翔役を演じた松本と名コンビぶりを発揮した香川照之が続投し、新ヒロインとして木村文乃が出演することがわかった。

 検察が有罪確実な案件だけを起訴するため、一度起訴されれば99.9%が裁判で有罪の判決が下ると言われている日本の刑事事件。本作は、たとえ99.9%有罪が確定している事件でも、最後の0.1%まであきらめずに事実を追い求める班目法律事務所の若手弁護士・深山を中心に、刑事事件専門の弁護士たちが巻き起こす痛快逆転劇を描く。シーズン2では、シーズン1では描かれなかった裁判官との激しい攻防戦にも焦点が当てられる。

 松本は「またこのチームで作品を作れることに興奮しています。深山大翔という人は僕にとって思い入れのあるキャラクターです。全スタッフで細部にまでこだわり、楽しんで撮影していた日々を思い出します」と念願のシーズン2製作決定に喜びの声。「ドラマの内容同様に最後の最後まで妥協せず、皆様に楽しんで頂ける作品になるよう、頑張ります!! 来年1月の放送を楽しみに待っていてください!」とファンへメッセージを送っている。

 同じく、刑事事件専門ルーム室長の佐田篤弘役として再び出演する香川も「熱かったあの撮影がもう帰ってくるのかと、喜びを禁じ得ません」と万感の思いを吐露。「キャラクターをつかんだ以降の我々俳優陣の、脚本を超越したセリフの早いパス回しと、木村(ひさし)監督の圧倒的に下らない至高のアイディアが絡み合い、それはまるで、身勝手なストライカーが集まる奇跡の南米サッカーチームのようでした」とシーズン1の撮影を振り返り「今から腕が鳴ります」と意気込みを露わにしている。

 松本とは初共演となる木村は、元裁判官の弁護士・尾崎舞子という役どころ。東京大学法学部を卒業後、刑事裁判を担当する裁判官として順調にキャリアを積み重ねていたが、当時の上司が関わるある事件をきっかけに退官してしまった過去を抱える人物だ。「どこをとっても難しい役柄」と説明する木村。だが「悩むことやぶつかる壁も多そうですが、足下から一つずつ作り上げていけたらと思っています」と胸中を明かし「松本潤さんや香川照之さんといった、頼れるリーダーや個性的で熱量の高いキャストの皆さんに並ばせて頂くことに恥じないよう、頑張ります」とコメントを寄せている。

 日曜劇場「99.9 刑事専門弁護士 SEASONII」は、18年1月の午後9時スタート。