「洗面鉄道」宮本大地
F12 アクリル

2017年6月15日(木)から6月21日(水)まで、京阪百貨店 守口店 6Fの京阪美術画廊にて、宮本大地氏の洋画展「隠レ家」が開催される。宮本氏にとっては、昨年の9月以来に地元大阪で開催される個展。時間は10:00〜19:00で、最終日のみ16:00閉場となる。会期中には、全日にわたり作家在廊を予定。1991年大阪府出身の宮本大地氏は、2013年に京都精華大学を卒業し、現在も京都市に在住して活動している。2015年には京都のBAMI galleryで個展「ヒミツ基地ノヒミツ」を開催し、茨城県つくば美術館の「新進芸術家育成交流作品展」に出品。2016年には、京都文化博物館での琳派400年記念 京都府美術工芸新鋭展にも参加した。今回の展覧会タイトルとなっている「隠レ家」は、これまでにも宮本氏が用いてきた「ヒミツ基地」という言葉と同様に、同氏にとっての“制作の根っこ”にあるもの。日常に見える多くのモノに描き出される画面の面白さとしての「隠レ家」の要素に加え、落ち着ける場所や安らぎの空間のニュアンスも含まれている。会場では、宮本氏が何気ない生活の中で“こんな風になってもいいんじゃないか”と感じた世界が、現実のルールや秩序を超えて自由に展開。作品を通して、さまざまなモノの隠れた側面が感じられる。

「絶景」宮本大地
F4 アクリル

■期間:
2017年6月15日(木)〜6月21日(水)

■開催場所:
京阪美術画廊
大阪府守口市河原町8-3 京阪百貨店 守口店 6F

■問い合わせ先:
京阪百貨店 守口店
url. https://www.keihan-dept.co.jp/moriguchi/
▷こちらもおすすめ

ドコモ、スマートフォンの2017年夏モデル2製品を6月15日に発売

 

サンワサプライ、MacBook用のUSB PD対応Type-Cハブ2製品を発売

 

Adonit、ポケットサイズの高精度なタッチペン「Adonit Mini 3」を発売