Appleが出願した特許によると、iPhoneの電源(ロック)ボタンなどに指紋を読み取るTouch IDセンサーを内蔵することをAppleは研究していたようです。

iPhone 8のTouch IDセンサー位置はいまだ不明

今秋発表と噂されるiPhone 8ではホームボタンを廃止。画面に表示されるタイプに切り替わると考えられているため、Touch IDセンサーも位置が変わると噂されています。

しかし、iPhone 8のTouch IDセンサーの位置はまだ分かっていません。有力とされる説では画面に内蔵されるといわれていますが、背面のAppleロゴ下に搭載されるという説もあります。
iPhone 8のTouch IDはどこに搭載? 「関係者」が証言
→ Touch IDを背面に搭載した「iPhone 8」が流出

iPhone 8のTouch IDセンサーに関する部品もまだ明らかになっていません。

電源ボタンにTouch ID内蔵、実現の可能性は?

Appleにまつわる噂も扱う大手ニュースサイト『9to5Mac』は、電源ボタンに内蔵できる小型センサーでは指紋を読み取らせるためにセンサーを指でなぞる必要があると指摘。Touch IDセンサーは指を置くだけで指紋を読み取ります。

そのうえで、Appleがこのような特許を出願したということは、この問題を解決する方法があることを示唆している、と分析しています。

iPhone 8の電源ボタンは縦に長くなるという指摘もあります。もしかすると電源ボタンにTouch IDセンサーが内蔵されるかもしれません。
→ iPhone 8に2つの試作機、隠し前面カメラ・新電源ボタン搭載

電源ボタンにTouch IDセンサーが内蔵されると、iPhoneの画面が消灯している状態から使い始めるときには便利でしょう。しかし、Apple PayやApp Storeでの購入の際にiPhoneを誤ってロックしてしまう恐れもありそうです。

参考

Apple granted patent for Touch ID sensor in power button as uncertainty remains over iPhone 8 approach | 9to5Mac