料理研究家の土井善晴先生と言えば、昔からTVの料理番組でおなじみ。最近は自著『一汁一菜でよいという提案』で脚光を浴びています。ご多分に漏れず、mitok編集部にも土井先生に影響を受けまくりのスタッフが。

特にリピートしているのが、土井先生が提唱する“洗い米”をしてから土鍋で炊くご飯。

これがめちゃくちゃウマい! ちょっと手間はかかってしまうのですが、電気炊飯器を上回る感動を得られるんです。ぜひ一度、皆さんに体験していただきたく、今回は土井善晴流土鍋でご飯を炊く方法を紹介いたします!

用意するもの

こちらが我が家の土鍋。スーパーの調理器具コーナーで、3,000円くらいで売っています。ほかに用意するものは、

米(お好みの量)水(水を含ませた米と同体積)ざるカップ、またはお椀

です。

洗い米の方法

炊きたい分量のお米をざるに入れて、ざっと洗います。

その後、真ん中を凹ませて水切りを良くし、少し置いておきます(夏場は30分程度、冬場は1時間程度)。これが洗い米です。余分な水は下に落ちていくのですが、お米自体は適度に水を吸収した状態になります。

土鍋で炊き上げる!

水を吸わせたお米を、カップやお椀を使って測りながら土鍋に移します。

次に、同じ量の水を土鍋に入れます。たとえば米がお椀1.5杯だったら、水もお椀1.5杯分です。

土鍋の蓋をして、コンロにかけて強火で13分。途中で火を弱めないのが土井先生流。土鍋は厚みがあるので、これだけで「はじめチョロチョロなかパッパ」状態を作れるんだそうです。ただ、我が家のコンロで強火MAXだと、ちょっと強すぎて吹きこぼれました。強火と中火の中間くらいがちょうどよい感じ。ご自宅のコンロにあわせて、調整してみてください。

土鍋の蓋に空気穴が開いている場合は、蒸気が抜けないように菜箸を突っ込みます。

13分経過。土鍋内では水がなくなった模様。香ばしいにおいも漂ってきました。ここで火を止めて15分蒸らします。

15分後に蓋を取ってみると、バッチリ炊けていました!

しゃもじで混ぜて、余分な熱と水分を飛ばします。おこげも適度にできており、実においしそうです。

お茶碗によそって、いただきます! 土鍋で炊いたご飯は、ふっくらモチモチ。甘みも強く感じます。そしてなんといっても、絶妙なおこげがたまらなくおいしいんですよね。

ちなみに、洗い米の際の30分〜1時間という時間が取りづらいという場合は、事前に仕込んで冷蔵庫に保存しておくことも可能。

お米を洗って、しっかり水を切ったら、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保管お米を炊く段になったら冷蔵庫から取り出し、土鍋にあけて、同量の水を加えてすぐに火にかける

でOKです。あまり時間が経つと味が落ちるので、仕込んでから1日くらいで使ってしまいたいところ。

炊飯器に比べて手間はかかってしまいますが、土鍋で炊いたご飯の味わいは格別! ちょっと余裕があるときなどに、ぜひ一度試してみてください。