by undergroundbastard

ウェブブラウザ「Firefox 54」の正式版(デスクトップ版/PC・Mac・Linux向け)がリリースされました。Firefox 48で実装され一部のユーザーのみに有効化されていたマルチプロセス技術「Electrolysis(e10s)」が全ユーザーに対応。速度と安定性が増し、海外メディアではFirefoxがGoogle CromeやAppleのSafari、Microsoft Edgeに追いついたと評されています。

Firefox をダウンロード - 自由なウェブブラウザー - Mozilla

https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/



Firefox - Notes (54.0) - Mozilla

https://www.mozilla.org/en-US/firefox/54.0/releasenotes/

◆デスクトップ版のダウンロード

・Windows版(43.0MB)

https://download.mozilla.org/?product=firefox-54.0-SSL&os=win&lang=ja

・Mac OS X版(57.0MB)

https://download.mozilla.org/?product=firefox-54.0-SSL&os=osx&lang=ja-JP-mac

・Linux版(58.8MB)

https://download.mozilla.org/?product=firefox-54.0-SSL&os=linux&lang=ja

◆新機能

Firefox 54では、Firefox上のプロセスをユーザーインターフェースとコンテンツで分割し、さらにコンテンツを複数のプロセスに分けることで、1つの重いページが他のタブの応答性や速度に影響するのを避ける「Electrolysis(電気分解)」というマルチプロセス技術が全ユーザーに対応します。Electrolysisはeとsの間に10の文字が入っていることから「e10s」とも呼ばれ、かねてから開発が行われていました。しかし、2011年に一度プロジェクトがストップし、2016年に再度登場。この時は一部のユーザーにのみ有効化されていました。

Mozillaの製品ストラテジストであるNick Nguyen氏は、「速度が上がりクラッシュが少なくなるだけでなく、e10sは、Facebookのニュースフィードなどの重いページでも、動作を非常にスムーズに感じさせてくれます」とブログで語っており、e10sがもたらす変化は「Firefox史上で最大のもの」としています。

The Best Firefox Ever - The Mozilla Blog

https://blog.mozilla.org/blog/2017/06/13/faster-better-firefox/

また、Mozillaがメモリの使用について複数のブラウザでテストしたところ、Windows 10・macOS・Linuxにおいて、Firefox 54はほかのブラウザよりもRAMの使用が少なかったとのこと。以下のグラフは、紺色がMicrosoft Edge、灰色がSafari、水色がChrome、淡いオレンジ色が64bitのFirefox 54、濃いオレンジ色が32bitのFirefox 54を示しています。特にWindows 10上での違いが顕著です。



e10sのほか、Firefox 54ではダウンロードボタンとダウンロードステータスパネルがシンプルになり、ロケールに「Burmese」が加わるとのこと。セキュリティ面では23件の脆弱性が修正されており、深刻度の内訳は「重要」が3件、「高」が12件、「中」が8件となっています。

・CSS clip-path

これまでFirefoxではSVGファイルと定義されたclip-pathのみをサポートしていましたが、Firefox 54では、円・楕円・長方形・好きなポリゴンのCSS Shapesを利用可能。クリッピングシェイプをアニメーションにすることもできます。

See the Pen Animated clip-path by ladybenko (@ladybenko) on CodePen.

マウスでコントロールするエフェクトなど、ユーザーの入力に応じてクリッピングを動的に変化させることも可能です。

See the Pen clip-path (periscope) by ladybenko (@ladybenko) on CodePen.