20年の付き合いとなる谷谷タッグが世界の猛者を相手にどんなプレーを見せるか注目だ(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<全米オープン 事前情報◇12日◇エリンヒルズ(7,741ヤード・パー72)>
世界一の選手を決める大舞台「全米オープン」で、キャディに東北福祉大学の後輩でもあるツアー2勝のプロゴルファー谷口拓也を選んだ谷原秀人。谷口は高校時代からの付き合いで「弟みたい」という気が置けない存在で、データを駆使するのが得意ということも谷原にとっては大きな助けになっているという。
大好評!360度カメラで全米オープンの雰囲気を堪能しよう
では、2人の目にはこのエリンヒルズはどううつっているのか。谷原はまずはフェアウェイキープが第一としながらも、「意外と広い。打たせてくれる」と基本はドライバーで思いっきり打っていけるのでやりやすいと話した。逆に「日本の難しさが分かる」というが、その真意とは。大会前2人に日本と海外のコースの違いと、互いの思い出を聞いた。
(日本とのコースの違い)
谷口:2週間前の宍戸(ツアー選手権)は狭かったですか?
谷原:狭くて自信をもって打てなかった。今回のほうが気持ちよく振れるよね。
谷口:広いけど、まあまあ点で打っていかないとダメですよね。アンジュレーションも強いですし。
谷原:でも、ティショットは打たしてくれる。ヨーロッパもだけど。
谷口:まあ、(広角打法の)俺でも広いとは感じますけど。
谷原:だいたいに打っておけばね。
(2人の思い出のエピソードはありますか?)
谷原:何年前だったか、オレぎっくり腰になったよね。
谷口:4年ぐらい、同じマンションで住んでいたことがあるんですがその時ですよね。しかも、谷さんが引越し3日前ぐらいで。入院しましたよね。あれは面白かったなあ(笑)
谷原:冬場、テレビ番組の収録があるからその前に練習しようと思ったら、駐車場でバッグを出すときに。電話を持っててよかった「タク、助けて」って(笑)
谷口:事故ったのかと思いましたよ。駐車場にいったら動けなくなってて。とりあえず家に連れて帰って、もう一人の後輩とアイシングして。トイレにも動けないから2人で抱えていってズボンおろして(笑)
谷原:(入院のためのタンカが)エレベーターに入らなくて階段で。揺れるから余計に痛くて。
谷口:その光景が面白かったなあ(笑)
(切り替えて…あと5ヤード飛距離が欲しいと言っていましたが)
谷原:ないものねだりだけどね。
谷口:キャリーが5ヤード伸びれば、もっと前にいきますもんね。
谷原:こういう長いコースほど、そういうところがある。オレらの距離だと受けてるけど、飛ばし屋はダウンヒルまで打っていけてそこでもっと差が開く。
谷口:今週は特にそうですよね。
谷原:(松山)英樹はいくけど、オレは止まるみたいにね。英樹は7700ヤード以上あっても長くは感じていないだろうね。
谷口:12番ではキャリーが20ヤード違うと100ヤード近く変わってきますもんね。オレが(伸ばす方法を)考えますよ。
長年つちかった絆とお互いのプロとしての知識を結集して臨む、全米オープン。難コース、エリンヒルズで“谷谷コンビ”が暴れるまで大一番まであと少しだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

「あらゆる指標が示している」松山英樹のメジャー制覇に全米ゴルフ協会も太鼓判
【テンパリ編集K】ラフはキツいけど好材料かも!?-はじめての全米OP第2回
宮里優作、危うく!?練習ラウンドで“ヒメネスダンス”を披露しそうに
米国転戦で奮闘中の池田勇太「今年は全英OPが2回か!?」
C・キムのPING新兵器は『G400LST』? スピン量が減って有利!?