ニャンコの調子が悪い時に気楽に相談できる

写真拡大

ペット保険大手アニコム損害保険は2017年6月13日、コミュニケーションアプリ「LINE」を使って獣医師に直接相談ができる「どうぶつホットライン」を同日から開始したと発表した。

保険契約者限定のサービスで、ペットの症状が心配だけど、わざわざ動物病院に行って聞くのもハードルが高い時などに気軽に相談できる。

同社の発表資料によると、平日の午前10〜午後5時の間にアニコムに所属する約100人の獣医師が相談に乗る。言葉が話せないペットだからこそ、日々ささいな変化でも飼い主には不安の種になるが、動物病院に行くほどのことか迷ったり、行きたくても予約の問題があったりして悩みは尽きない。病気の症状だけでなく、しつけなどペットの悩みすべてを受け付ける。ペットがどこか痛そうな様子をしていれば、その動画を送り、より正確な診断に役立てることもできるという。