画像

写真拡大

 VAZとレイ・フロンティアは、人工知能を活用して若年層の行動情報を分析、調査する事業を開始した。

 インフルエンサーマーケティング事業およびメディア事業を行うVAZと、人口知能(AI)を活用した行動情報の分析・調査事業を行うレイ・フロンティアは、6月11日より、若年層の行動情報の分析・調査事業において協業を開始することを発表した。

 今回の協業では、VAZの持つ「若年層マーケティング」のノウハウと、レイ・フロンティアのAIによる行動情報分析技術を活用。若年層を中心としたサービス利用者のペルソナ推定(利用者属性の推定)を行う。今後両社は、若年層の行動情報の分析・調査事業を通じて、新しいマーケティング・ソリューションを開発していく。

MarkeZine編集部[著]