画像提供:マイナビニュース

写真拡大

米AppleのCEO、Tim Cook氏が米Bloombergとのインタビューで自動運転カーに関するプロジェクトについて語った。

インタビューは6月5日に行われた。Appleが自動車開発に関わるのかが争点の1つになっているが、Cook氏は「自律 (autonomous)システムにフォーカスしている」と述べた。

自動車は自律システムがソリューションになり得る大きな市場である。そしてソリューションを必要とする大きな問題を抱えている。解決策として様々な企業が自動運転カーに取り組んでいるが、自動運転カーだけで解決するような状況ではない。電気自動車の成長も必要であり、そしてライドシェアリングのようなサービスの成長も求められている。同じ時期に、そうした3つのベクトルで変化が起きており、そうした状況を踏まえて自律システムに取り組んでいる。

そして、自動車に限らない広い視野の取り組みであるとした。今はまだ製品に言及できるような段階ではなく、自動車以外の分野のソリューションにもなる自律システムを、Appleはこれからのコア技術の1つとして重く見ているという。Cook氏は「すべてのAIプロジェクトの根本 (the mother of all AI projects)」と表現し、さらに「おそらく開発が最も困難なAIプロジェクトの1つ」とつけ加えた。

Appleが自動運転カーに関するプロジェクトを進めているのは、シリコンバレーにおいて公然の秘密となっていた。一時は同社が「Project Titan」というプロジェクト名で自動運転の電気自動車を開発していると報じられたが、それが昨年Titan見直しの報道に変わり、自動運転カーのプラットフォーム開発にプロジェクトがシフトしたと見られていた。