ランドローバーのフラッグシップ・クロスオーバーSUV「レンジローバー」改良型に投入されると見られる、PHEVモデルのプロトタイプを捉えました。

改良型ではヘッドライトとテールライトのグラフィックを一新、フロント&リアバンパーがリフレッシュされます。

室内では、ディスプレイやインフォテインメントシステムのアップデートが図られますが、ハイライトは直列4気筒ガソリンエンジンと組み合わされるPHEVモデルの投入です。

そのパフォーマンスは、現在のディーゼルハイブリッドが発揮する最高出力335ps・最大トルク770Nm以上の350psを発揮すると予想されます。

9月のフランクフルトモーターショーでのアンヴェールが期待されています。

(APOLLO)

この秋登場!レンジローバー改良新型に350馬力のPHEV投入へ(http://clicccar.com/2017/06/14/479985/)