アスタナ国際世界博覧会中国館が10日、カザフスタンの首都アスタナでグランドオープンした。中国館では高速鉄道が最も代表的な発明の一つとして紹介されており、多くの来場者が足を運んでいる。写真は高速鉄道の運転シミュレータで模擬運転を試みる来場者(撮影・呉壮)。

写真拡大

「母国に一番持ち帰りたい中国の生活スタイル?それはもちろん高速鉄道さ。なぜなら速くて手軽で、飛行機よりずっと安いから」−中国に留学しているバングラデシュ出身のサリム・サメットさんは、中国の高速鉄道がとても羨ましいと感じているという。新華社が伝えた。

サメットさんのように、中国の高速鉄道に憧れを抱く外国人は少なくない。「一帯一路(the belt and road)」沿線国20カ国の若者にとっての「中国新四大発明」の投票・選出活動がこのほど行われ、高速鉄道がトップに立ち、海外の若者が最も母国に持ち帰りたいと願う「中国特産品」となった。

中国共産党第十八次全国代表大会(十八大)以降、中国の高速鉄道マップはどんどん拡大されている。蘭新(甘粛省蘭州-新疆ウイグル自治区ウルムチ)高速鉄道、滬昆(上海-雲南省昆明)高速鉄道、哈大(黒竜江省ハルビン-遼寧省大連)高速鉄道、寧杭(江蘇省南京-浙江省杭州)高速鉄道、青栄(山東省青島-栄成)城際(都市間)鉄道など、「四縦四横」(南北および東西に延びる主要鉄道路線)の幹線ネットワークがほぼ貫通し、多くの省で「高速鉄道の空白」が埋められた。

2016年末の時点で、中国高速鉄道の営業総距離は2万2000キロメートルを突破、世界の他の国々の高速鉄道を合計した総距離を上回ることとなった。このうち約6割は、十八大以降に敷設・開業した高速鉄道だ。中国は、世界で高速鉄道の営業総距離が最長の国となっただけではなく、高速鉄道の安全輸送規模が最大の国にもなった。2016年、高速鉄道による輸送旅客総数は延べ14億4300万人に達した。これは、アフリカ大陸と南アメリカ大陸の総人口を輸送した数値に相当する。

中国の自主設計・開発による、自主知的財産権を完全に備えた中国基準の高速鉄道車両は、時速420キロメートルでのすれ違いや重連牽引という目標を達成した。同車両は、世界で初めて時速420キロと重連牽引を計画した高速鉄道車両となった。また、最高時速や最低の走行時温度に関する世界記録を更新、世界の高速鉄道の「お手本」となった。

世界最高の中国高速鉄道は、世界とシェアしなければならない。トルコ初の高速鉄道、インドネシア初の高速鉄道、ロシア初の高速鉄道などの背後には全て、中国企業の影が見え隠れしている。強力な設計チーム、切磋琢磨された技術基準、最も優れたコストパフォーマンスを備えた高速鉄道関連製品など、中国高速鉄道は、「一帯一路」協力プロジェクトをけん引する役割を担い、海外生産能力協力プロジェクトの主役を務め、世界第二の経済大国としての責任ある立場に立ち続けている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)