韓国の文在寅大統領/青瓦台ウェブサイトより(資料写真)

写真拡大

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は13日、韓国の文在寅大統領を非難する論評を配信した。

論評は、「米国が、南朝鮮当局に対する露骨な馴らしに乗り出した」としながら、「青瓦台、外交部の連中を米国に招き入れて6月下旬に予定されている『韓米首脳会談』で南朝鮮当局者が他のことを言えないように事前に釘を刺す一方、米国を訪問すれば『最大限の礼遇をする』とおだてる劇まで演じた」と指摘した。

また、「米国は、南朝鮮で民主勢力が権力のポストに就くたびに極度の警戒心を持って自国と歩調を合わせるように馴らしをしてきた」と述べた。

さらに、「問題は、『米国にいつもノーと答える』という発言をして民衆の人気を集めた現当局者がこんにちになって怖じ気づいて米国の要求通りに『北の変化がある時に対話が可能だ』『THAAD関連調査は既存決定を変えようとすることではない』と言って卑屈に行動していることである」と強調。名指しを避けながら、文在寅大統領を非難した。

そのうえで、「南朝鮮当局が米国にへつらうことで政治的生命を維持しようと思うなら、それは誤算である」としながら、「自分らの執権を支えたキャンドル民心に従うか、でなければ米国に従順であるか。南朝鮮当局はこの質問に立場を明白にしなければならない」と主張した。