人生をかけて全身全霊を出し切った結果、例の男がやらかし属性も含めて出し切ったため日本代表無念のドローの巻。
ROAD to RUSSIA!(シベリア方面)

2018年ロシアワールドカップを目指すサッカー日本代表。混戦の最終予選を何とかかんとか乗り越えてきたハリルホジッチJAPANは、ロシア行きを引き寄せる大一番を迎えていました。アウェー第三国での開催となった最終予選イラク戦。まさにこの試合は勝負を決める一戦でした。

ここまで日本はライバルとなるオーストラリア・サウジアラビアに対して、1試合多く残した状態で勝点で並び、得失点差でもリードしている状況でした。残り3試合、イラク戦を終えれば2試合。ここで勝点3をリードし、さらに得失点差を広げれば、まずもってワールドカップには行ける。2連敗したとしても相手次第で可能性が残るという、大きなリードを築くチャンスでした。

「あぁ、最終予選も終わってしまうなぁ…」
「オーストラリア戦引き分けとかで決まるんやろなぁ…」
「昔はもっとピリピリして生きるか死ぬかだったのに…」
「何かこう、あの炎は消えちゃったのかな…」
「ワールドカップって簡単やのぉ…」

「ちょっと待ったぁぁぁぁ!!」

僕にはその声が救世主のように思えました。何というエンターテナーなんだ。「プレミアリーグでの評価」をグングンあげながら、それを前フリのように使って急降下で地ベタに堕ちてくる生粋の守備芸人ヨシダマヤ。並び替えたら「騙し屋よ」。日本代表の深いところに食い込んで、普段はキリッとしたイイ仕事をするふりをしながら、肝心のところで痛恨の一撃を喰らわせてくる例の男が、見事にやってくれたのです。

勝てばほぼほぼ決まりだった一戦を、「あ、勝てば逆転だ」とライバルに勇気を与え、「あ、2つ負けたら絶対3位なんだ」と日本に緊張感を与える引き分けに引きずり下ろした。2つ負けても可能性を残せそうな位置から、2つ負けたら絶対に3位に落ちるという位置まで、一手で日本を追い込んだ。その働きが、これからの最終予選を大いに盛り上げてくれることは間違いありません。

クゥーーーーッ、しびれるんです!(カビラのどれかの声で)

ということで、何らかの理由で追い出された森重とセットでセンターバック2枚替えの可能性も見えてきた日本代表について、13日のテレビ朝日中継による「ワールドカップアジア最終予選 日本VSイラク戦」からチェックしていきましょう。

◆自分で前フリして、ボケて、ボケ倒すという独り芝居!

試合前、いつになくチカラのこもった中継では、この大一番に臨む選手たちの決意をとらえていました。「すべてをかけて戦わなければいけない試合」「明日はそういう試合になる」「全身全霊を出し切ってやらなきゃいけない」と語った男の姿。そのエンタメ感。「全身全霊を出し切る」のと「やらかす」のが決して矛盾しないというか、出し切ったらそうなるやろなぁと納得させてくれるのが、らしいなとニヤリさせられます。

現地のスタジアムは、第三国開催ということでビッシリとイスで埋まっています。「イラク人にもイラン人にも読めへんやろ」という大らかさで、「ゴール前で徐行するな!」などの自由な横断幕をいつも通り持ち込む日本サポーター。プパープパーするための楽器を持ち込んできたイラクサポーター。そしてイランの挑発的なオッサンの肖像画。折からの猛暑もあって、混沌とした雰囲気です。ボーッとしそうな環境です。

日本のスタメンはGKにメス川島(オス)。DFラインには長友・昌子・吉田・酒井宏と並べ、中盤には井出口と遠藤をダブルボランチで起用してきました。中盤の前めには原口を置き、左サイドに久保、右サイドに本田△、そしてトップの位置に大迫という目新しい布陣です。4-3-3の形ではあるものの、大迫と原口は2トップのように横並びの関係になる瞬間も。この起用がはたしてどう出るか。

↓フラグタテッチ監督:「すべてを出して勝つ努力を」


「自分のできることを全部やる!」
「いい属性も悪い属性もあるが!」
「すべてを出し切る!」
「だって、それがオレだもの!」
「そうやってやってきたんだもの!」
「六面体のサイコロのひとつに」
「『やらかす』って書いてある」
「そんなオレだもの!」



しかし、事態は思わぬ方向に転がって始まります。立ち上がり間もない前半の8分、それまでも何度かいいチャンスを作っていた大迫が、CKに頭で合わせて先制してしまったのです。戻りながら後ろにすらすように当てて、それがズドンと抜けていく。本田△の蹴ったボールもよければ、大迫のヘッドもお見事という、素晴らしいゴール。日本が勝っちゃいそうな先制点です!

↓貴重な先制点!ロシアが大きく近づいてきた!



飛び込んだほうが決めたような動きなのに、戻ってきた大迫が決めた!

さすが大迫、半端ない!

幸先のいい先取点で、日本は無理をしなくてもいい状況になりました。不慣れな中盤、猛暑、不安材料はいくつもあります。なるべく無理をせず、ダラダラと時間をやり過ごしていきたいところ。イラクの攻撃は、ときおり裏を狙ったロングボールの放り込みにヒヤッとするものの、ボールを持っての組み立ては中盤でしっかりと封鎖できており、シュートまで持っていかれるような場面は多くありません。

逆に攻撃では好調な攻撃陣が存在感を見せる展開。先制点をあげた大迫は前半27分には相手DFを背負いながらの突破でペナルティエリアに侵入し、引きずり倒される見せ場も作りました。本人も日本サポーターも放送席の松木解説者も「PKだろ!」と荒ぶるようなプレー。国が国なら、この時点でジャンピングエルボーくらいしそうな判定でしたが、まぁいいでしょう。いちいちジャンピングエルボーしてもいられません。1点でも2点でも勝てば同じです。

↓日本は給水タイムをしっかりとって、最後まで疲れないように頑張ればOKです!


引きの画面で見てもすごい主張のある肖像画!

旭日旗はダメだけど、肖像画はOKという風潮!

日本も長谷部の肖像画でも立てとけばええんや!

ハーフタイムにはここぞとばかりに新作CMがぶちこまれ、能年玲奈さんの歌声に「え、この人、こんなんだったん」「声だけキリンジかと思った」とドッキリとする一幕も。それだけ注目度の高い一戦ということでしょうか。祭り感、期待感、緊張感。日本代表の戦いぶり、そしてその結果に大きな注目が集まっています。その期待が大きくなればなるほど「期待感が高まるごとに、判断力をマイナス1する」みたいな特殊能力を持ったユニットが、代表の心臓部にいるとも知らずに…。

↓ネタフリ:「FWを抑え込むためには、FWに勝る瞬発力と、スピードが不可欠だ」


いいフリしてますなぁ!

スピード、瞬発力、笑いの教科書みたいな前フリ!

みなさんも覚えておいてください!

大事なのは「スピード」「瞬発力」ですよ!



両チームとも交替なく始まった後半戦。最初の動きは日本側のアクシデントによるものでした。後半12分、井手口が倒れたまま動きを止めると、スタッフが後頭部を氷で冷やしながらバツのサイン。どうやら直前のプレーで倒れた際に、地面で頭を打ったもよう。日本は急遽ベテラン・今野を投入。改めて「何にでも使える便利アイテム」のありがたみというのを実感します。守れて、走れて、得点もできて、文句を言わない、ありがたい選手です。

そんな中、次第に試合の空気は不穏さを増していきます。前半から「何かコイツらの笛、ちょいちょい向こうに有利なんだよなー」と苛立つ日本に、なかなか交代を認めてくれなかったり、倒されてるのにファウルを取ってもらえなかったり、ゴール前で引きずり倒されたのに笛のひとつもなかったりという小さなジャブが積み重なっていきます。

原口がガマンをした風の苛立ちを見せ、大迫が怒りの表情を見せるなか、口火を切ったのは例の吉田麻也。後半20分過ぎには、相手選手選手と激しくやり合い、審判にたしなめられるような場面も。さらに、追い打ちをかけるように、体力もアヤしくなっていきます。次々に倒れ、足を引きずる選手たちの姿。そこで、例の男が動いた。いや、どっちかと言えば動かなかった。スピード、瞬発力というナイスな前フリから見せつけた、例の男の本日のやらかしは…!

↓とりあえず蹴って出せばいいものを「コレは抑えられるでしょ」とGKに任せたら、川島とのピンボールになってこぼれ球を詰められた!


「FWを抑え込むためには」
「FWに勝る瞬発力と」←使ってない
「スピードが不可欠だ」←使ってない

もっとピンチらしいピンチなら止められたのかも!

防いだと、思ったときが、やられどき!

↓最高の前フリから会心のボケ、そしてそこに自分でさらにボケを被せていくという多芸多才ぶり!


「ま、次オーストラリアに」
「勝つことだけですね」
「賢く戦わなきゃいけないと思ってましたし」
「後半、体力の消耗も」
「かなりあると思ってたんで」
「先制点取って」
「後半に追加点が取れれば」
「一番よかったんですけれども」
「僕らが取れなかったのが」
「一番よくなかったなと思います」
「やっぱり勝ち切るチカラを」
「もっともっとつけなきゃいけないですし」
「1点取ったあとにペースダウンするんじゃなくて」
「もう1点さらに取りにいくっていう」
「勢いをもっと見せなきゃ」
「いけなかったんじゃないかなと思います」
「なかなか無失点で終えれるゲームは少ないので」
「本当に悔しいです(アタマにハエを止めながら)」
「(ハエを追い払う動き)」
「自分たちで自分たちの」
「クビを締めてしまったので」
「オーストラリアにしっかり勝って」
「まずサウジのことは置いておいて」
「オーストラリアの試合に」
「集中しなきゃいけないと思います」
「(ハエ、飛び去る)」

【以下、標準的なツッコミ一式】
「次じゃなく、今日勝てよ!」
「賢く戦う、とかいう自虐ボケ!」
「バカって言いたい〜」
「バカって早く言いたい〜」
「でも言ったら負けな気がするから言わない〜」
「でもバカって言いたい〜」
「出たー、点が取れれば勝っていた理論!」
「100点取られても101点取れば勝つわなぁ!」
「そりゃ、取れば勝つわなぁ!」
「でも無失点なら、絶対負けないわなぁ」
「100点取っても負けるかもしれんけど」
「無失点なら絶対負けないわなぁ」
「ってのがDFの発想だろ、オイ!」
「勝ち切るチカラとかいう」
「負けないチカラの反対のチカラ!」
「それはFWに任せとけ!」
「頑張るゴール前がいつも違う!」
「って、何が勢い見せろじゃ!」
「勢いを見せるのはそこじゃなく」
「勢いよくドーンとクリア!」
「瞬発力とスピードでクリア!」
「クビは自分たちで締めたんじゃなく!」
「お前が全員分締めた構図やで!」
「サウジのことを置く前に」
「オーストラリアに集中する前に」
「今日のイラクに集中せいや!」
「ハエには好かれてるみたいやけど」
「ハエは、吉田麻也選手を応援しています」



最後のほうは両チームとも足はつるわ疲れるわでグッダグダの試合となり、結局1-1のドローに。勝点1を取ったというのは、まぁ猛暑のアウェーを考えれば悪くはない結果ですが、途中までの感じを想うともったいない結果となりました。

とは言え、これで次の試合は相当に熱い、メンバー選考からして燃えたぎるような一戦となりそうです。センターバックすら誰が入るのかわからない、不確かな未来へ。いっそ、この勝点1で確保した「3位」からのプレーオフ勝ち抜けってのもいいかもしれません。ちょっと負けたあとのほうが、カーッと燃えますからね!

↓やめろメス川島(オス)!終わった試合のことを誰かのせいにするのは!


【現実の川島】
「僕はクリアと言っていたけど」
「麻也には見えてなかった」
「もったいない失点になってしまった」

【理想の川島】
「僕がクリアー!と叫んだら」
「イラクの選手もビックリして」
「ひっくり返ってましたよアハハ」

声が小さかったかもしれないね!

次はもっと大きな声で叫ぼう!


なお、吉田へのジャンピングエルボーは予選敗退までお控えください!