(写真=『POPKON TV』より)

写真拡大

最近韓国では、ライブ配信サイトの競争が過熱している。

利用者数No.1の「アフリカTV」をはじめ「ポンTV」「カカオTV」「Twitch TV」など、数多くの“韓国版ニコ生”が視聴者数の獲得に血眼になっている様子だ。

中でも「POPKON TV」というサイトは面白い企画で男性視聴者をかき集めている。

モニター越しのデート感覚

その企画とはズバリ、「日本のAV女優を出演させる」ことだ。

韓国にも日本のAVファンはたくさん存在する。蒼井そら、辰巳ゆい、めぐり、葵つかさ、吉川あいみ、といった人気AV女優が、韓国でもファンミーティングを行っているのが何よりの証拠だろう。

そんな中、今年4月からは西野翔、浜崎真緒、桜木凛、羽田あいの4人が「POPKON TV」で放送主(以下、BJ)としてデビュー。マンスリーパーソナリティとなってファンと交流を深めた。

彼女たちの高い人気は「POPKON TV」による紹介文でも伺える。

羽田あい「一番好きな食べ物は豚足とソメク(焼酎+ビール)!? クールで可愛い彼女のギャップに萌えてください」
浜崎真緒「つたない韓国語さえも愛くるしい彼女とのデートはいかが?」
西野翔「コスプレは基本!番組、DJなど幅広い才能を持つ彼女は、どんな魅力を披露するか?」
桜木凛「時には近所のお姉さんのような気楽さ、時には官能的な美しさを発散する彼女。AV界引退ですが、彼女の最後の放送をお見逃しなく!」

30秒に1000円

韓国のライブ配信サイトでは“星風船”、“ポップコーン”といった、いわゆる「ネット版の投げ銭」が一般的で、投げ銭の金額によってはBJからの特典もある。

彼女たちの放送では投げ銭1位の視聴者に対して「BJとの1:1のビデオ通話」を、2位には「BJによるモーニングコールの音声ファイル」、3位には「BJの自撮り写真」がプレゼントされた。

5月には、とっくにAV界を引退したものの、今も韓国で絶大な人気を誇る咲夜由愛も「POPKON TV」でライブ配信を行っている。

今はツナマヨという芸名を名乗っているだけに、ずっとツナマヨおにぎりを食べながら終始和気あいあいとしたらしい。

彼女に送られた投げ銭は30秒に1万ウォン(1000円)ほど。時給に換算すると約12万円だ。

「日本のAV女優を出演させる」という企画は、今のところ成功と言えるだろう。実際に、「POPKON TV」は「アフリカTV」を猛烈に追い上げている状況だ。

それにしても、日本のAV女優たちが韓国で活動する姿に、時代の流れを感じる。今後はこういった日韓交流がより活発になりそうだ。

(参考記事:韓国の“熱血男児”たちに今も支持されている日本のアダルト女優レジェンドたち

(文=S-KOREA編集部)