『iOS 11』では標準のカメラアプリでQRコードをスキャンできます。QRコードには様々な種類のデータを埋め込めますが、iOS 11は何に対応しているのでしょうか。

iOS 11でQRコードをスキャンする方法

標準のカメラアプリを開き、iPhoneのカメラをQRコードにかざすとスキャン。どんなデータをスキャンして、どのアプリで開くのかが画面上に通知として表示されます。

その通知をタップすると、そのアプリでデータを取り込んで処理できるようです。

たとえば予定の情報が埋め込まれたQRコードをスキャンすれば、通知をタップするとカレンダーアプリを開き、その予定を追加するか否かを選択できます。

iOS 11のカメラアプリでスキャンできるQRコード

ニュースサイト『9to5Mac』によると、以下のデータが埋め込まれているQRコードをiOS 11標準のカメラアプリでスキャンできました。

連絡先

連絡先アプリに名前・電話番号・メールアドレスなどを登録できます。

Androidスマートフォンとの連絡先交換に便利そうですが、自分の連絡先をQRコードに変換して表示できる機能はないようです。

ウェブサイトのURL

Safariでウェブページを開くことができます。ポスターなどに使われていることも多いので、便利になりそうです。

メールアドレス・SMSの送信先

読み込んだメールアドレスで新規メールを作成したり、読み込んだ電話番号宛にメッセージアプリで新規SMSを作成したりできます。

マップ(場所・住所・緯度経度)

読み込んだ場所・住所・緯度経度をマップアプリで表示できます。

予定

QRコードから読み込んだ予定をカレンダーアプリに追加できます。

電話番号

電話アプリでQRコードから読み込んだ番号に電話できます。

QRコードを読み込むと即発信されるわけではなく、通知をタップしない限りは発信しないようなので、イタズラに悪用される可能性はなさそうです。

Wi-Fiネットワークの設定

QRコードに埋め込まれた情報を元に、Wi-Fiネットワークに接続できます。

飲食店・ホテルなどでQRコードが掲示されている場合、それをスキャンすればそこのWi-Fiネットワークにすぐ接続できるようになります。

iOS 11には、近くのデバイスにWi-Fiのパスワードを共有できる機能もあります。
【iOS 11】Wi-Fiパスワードを共有できる新機能

アプリの起動

URLスキームが埋め込まれているQRコードをスキャンすれば、アプリを起動したり、アプリに特定の動作をさせたりできます。

URLスキームはこちらのページで解説しています。
→ 知っておくとiPhoneをもっと便利に使える「URLスキーム」とは?(2013年3月)

HomeKit

HomeアプリでHomeKit対応機器のQRコードを読み込むと、機器をアプリに登録できます。

Homeアプリは対応する家電をiPhoneから操作できるアプリで、HomeKitはそれに対応するために定められた枠組みです。

参考

Top 10 QR codes supported by iOS 11 | 9to5Mac