ピコ太郎、まさかのアニメ化

写真拡大

 「ペンパイナッポーアッポーペン」(PPAP)でブレイクしたピコ太郎が、今度はアニメ界に進出する。ピコ太郎を題材にし、なおかつ彼がすべてのキャラクターの声優を担当するテレビアニメ「ピコ太郎のララバイラーラバイ」が、今夏放送されることが決定した。

 本作では、ピコ太郎の“プロデューサー”古坂大魔王が企画・原案・音楽を担当。「森の安藤」「ダッピィズ」などの独特の絵で知られる谷口崇監督が描き下ろした1枚のイラストを基に、ピコ太郎がインスピレーションのまま即興で3分間のおとぎ話を語るスタイルで制作されるとのこと。しかもその即興劇は収録時に作られていくため、声優キャストはピコ太郎のみ。全ての登場人物をピコ太郎は1人で演じきる。

 「マッチ売りの少女」「赤ずきん」など世界中で愛され続けているおとぎ話を、ピコ太郎はどのような物語として展開させていくのか。アニメーション制作は「秘密結社 鷹の爪」などDLEが務める。本アニメを企画した古坂は、「ピコ太郎をアニメにしたい……これはピコ太郎プロデュースの結構初期から思っていたことで……でも、通常のアニメではピコ太郎らしくない……」という考えで今作にたどり着いたことを明かすと、「クダラナイモノにできた気がします」と謎の自信を見せていた。(編集部・井本早紀)

テレビアニメ「ピコ太郎のララバイラーラバイ」は今夏国内にて放送 dTVほかにて配信も予定