先制しながらのドローに吉田は「さらにゴールに取りに行く勢いを見せなければいけなかった」と振り返った。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本 1-1 イラク/6月13日/PASスタジアム
 
「なかなか無失点で終われるゲームが少ないので本当に悔しい」
 
 CB吉田麻也は失望を隠さなかった。大迫勇也のゴールで8分に先制しながらも、72分に自身の判断ミスも相まって同点とされた。
 
 酷暑、負傷者、様々なアクシデントの起こったゲームは、その後に得点が生まれず。ドローに吉田は、「自分たちで自分たちの首を絞めてしまった」とも。また、ゲームの進め方については、こうも振り返った。
 
「賢く戦わなければいけないと考えていたし、体力の消耗もかなりあると思っていた。先制点を取って、後半に追加点を奪えれば一番良かったんですけど……。
 
 勝ち切る力をもっともっと付けなきゃいけない。先制した後にペースダウンするのではなく、さらにゴールに取りに行く勢いを見せなければいけなかった」
 
 敗戦のような反省ばかりが口をつく。ただ、勝点1を取れたのは “最低限"の結果とみてもいいだろう。8月31日にホームで行なわれるオーストラリア戦で勝点3を手にすれば、ロシア・ワールドカップの出場権を得られるのだ。
 
「(9月5日にアウェーで戦う)サウジのことは置いておいて、オーストラリア戦に集中してしっかりと勝つ」
 
 最終ラインを支え続ける男の決意は、勝利という結果へつながるのか。吉田のV字回復したプレーに期待したい。