野村周平「やっと両想いに」恋人役・石橋杏奈との関係性が明らかに

写真拡大

藤原竜也と伊藤英明が初共演を果たし、6月10日に公開を迎えた映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』。このほど、伊藤演じる刑事・牧村航の妹・里香(石橋杏奈)と、その恋人・拓巳(野村周平)の関係が明らかになる本編シーンが解禁された。

入江悠監督が手がける本作は、1995年、残忍な手口で5人の命を奪い世の中を震撼させた連続殺人事件の犯人が、事件から22年後、自身の殺人を告白した本の出版記念会見を行うという前代未聞の衝撃的な展開から始まる。「被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつける」残忍な犯行を繰り返した殺人犯・曾根崎雅人(藤原)は、出版した殺人の告白本「私が殺人犯です」を手に会見や握手会、TV 出演とキャンペーンを展開する。そんな犯人を22年間追い続けてきた刑事・牧村(伊藤)の気持ちとは裏腹に、加熱するマスコミ報道。SNS により美しい容姿とともに拡散された曾根崎は日本中から罵声と歓声を浴びながら、一躍時の人になっていく……。

1995年、里香は神戸で看護師として働いていたが、阪神淡路大震災で家を失ったため、恋人の拓巳とともに兄がいる東京に引っ越してくる。牧村刑事は曾根崎による5件の連続殺人事件の捜査中であり、曾根崎を捕まえるべく忙しい日々を送っていた。里香は震災で精神が不安定になっていたが、拓巳はそんな里香をずっと側で支えていくと決意してプロポーズ。“一生里香を守っていく”と心に誓い2人で新しい道を歩もうとした矢先、突然、里香が行方不明になってしまうのだった。必死に里香の行方を捜す拓巳だが「里香にあげた指輪、ここで見つけたんです。里香だけが見つからん……」と牧村刑事に辛い胸の内を打ち明ける。最愛の恋人を亡くし絶望の淵に立たされた拓巳。曾根崎の連続殺人事件と里香の失踪には一体どんな関わりがあるのか。

婚約者を失い悲しみに暮れる青年を演じた野村は「愛する人を失うという悲しみを自分に置き換え、考えて演じました」と明かし、「入江監督とは2 度目だし、ちゃんとやらなきゃ怒られると思ったので(笑) 死ぬ気で頑張りましたね」と茶目っ気たっぷりにコメント。また、恋人役の石橋とは2013年の『ソドムの林檎〜ロトを殺した娘たち〜』(WOWOW)以来2回目の共演となる。同作では野村が一方的に石橋に想いを寄せる役だったため、「今回は恋人役なのでやっと両想いになれました(笑)」と笑顔を見せていた。