薬局と患者をつなぐサービス(画像は「すこやくトーク」ウェブサイト)

写真拡大

リクルートホールディングス(東京都千代田区)は2017年6月7日、患者が薬局の店頭以外でも気軽に服薬や健康維持に関する疑問・悩みを薬局に相談できるサービス「すこやくトーク」を開発したと発表した。

現在長野県塩尻市などで実証実験を行っており、8月をめどに本格導入を開始する予定としている。

患者にも薬局にもメリット

リクルートのプレスリリースによると、「すこやくトーク」は薬局と患者との服薬や健康に関するコミュニケーションをオンラインでサポートするサービスで、パソコンやスマートフォン、タブレットを通じて薬局外からアクセスすることができる。

患者の些細な相談や薬局からの新しい副作用情報、季節・時期に合わせた健康管理情報提供などをチャット形式で行う。また、他の医療機関や薬局で受け取った薬や市販薬、健康食品、サプリメントなども写真で手軽に登録でき、薬剤師が服薬状況をまとめて閲覧することで、より適切なアドバイスができるという。

患者側の利便性向上だけでなく、薬局側も従来の電話や店頭での接客に「すこやくトーク」が加わることで、薬剤師の業務状況に合わせた時間配分ができるといったメリットがあるとしている。