走りすぎはキケン。グラフは「出血性脳卒中のジョギングとウォーキングの発症リスク」(国立がん研究センターの発表資料より)

写真拡大

ランニングがブームになり、各地のマラソン大会では参加者の募集開始と同時に定員をオーバー、走る大会がない「マラソン難民」が問題になっているほどだ。

そんななか、健康のためによかれと思って走っているジョギング愛好者にショックな研究が発表された。ランニングをしすぎると脳卒中のリスクが増えるというのだ。

ジョギングのしすぎは、以前から「膝の関節を痛める」「心臓への負担が増す」「活動量が増えることにより、細胞のサビである活性酸素が体内で増える」などの理由から、かえって健康によくないとして、ウォーキングの方を勧める専門家が多いのは確かだ。

「走ると健康」は欧米人の研究、「脳出血が」多い日本人は...

今回、研究をまとめたのは、国立がん研究センターを中心とする厚生労働省の研究班だ。国際心臓病専門誌「Stroke」(電子版)の2017年6月5日号に発表した。国立がん研究センターの発表資料によると、研究班は、長年にわたり健康データが記録されている、岩手県から沖縄県まで10の保健所管内に住む50〜79歳の7万4913人について、身体活動量と脳卒中との関連を約9年間追跡調査した。

身体活動量が多いと、肥満、高血圧、脂質異常、糖尿病を防ぐことができる。また、動脈硬化を予防することができるため、結果的に脳卒中を予防できることは多くの研究で報告されている。しかし、報告のほとんどは欧米人の研究で、生活習慣や遺伝的要素が異なる日本人などアジア人の研究はほとんどなかった。

脳卒中には大きく分けて、血管が破れる「脳卒中」と「くも膜下出血」、そして血管が詰まる「脳梗塞」がある。研究班によると、日本人をはじめとするアジア人は、脳卒中とくも膜下出血の「出血性脳卒中」が多く、逆に欧米人は「脳梗塞」が多い。欧米ではジョギングはすればするほど健康になるという研究が多いが、それは血流が促進されることによって、血管が詰まる脳梗塞になりにくいという側面もあるからだが、「出血性脳卒中」が多い日本人はどうなのかという研究はほとんどなかった。そこで、日本人にはどの程度の身体活動(運動量と運動の種類)が、脳卒中を予防するのによいか調べた。

身体活動量は「メッツ」で測った。これは1時間あたりの消費カロリーから、「安静時」の運動量を基準に「1.0(メッツ)」として、「犬の散歩」(3.0)、「庭仕事」(3.0)、「中程度ウォーキング」(4.5)、「エアロビクス」(7.0)、「山登り」(7.5)、「水泳平泳ぎ」(10.0)、「ボクシング」(12.0)、「高速のランニング」(15.0)などと評価するものだ。対象者から日頃の運動内容をアンケート調査していた。

ウォーキングは何時間でもOKだが、ランは2時間超えると...

調査期間中に2738人が脳卒中を発症した(出血性脳卒中1007人、脳梗塞1721人、不明10人)。そして、身体活動量や運動内容と脳卒中の発症を調べると、次のことがわかった。

(1)脳卒中の種類に関係なく、1日あたり5〜10メッツの身体活動を行なうと全脳卒中リスクが最大約30%減る。これはウォーキングなら2〜4時間程度、ジョギングなら1〜2時間程度だ。

(2)また、脳卒中の種類による違いを調べると、脳梗塞では1日あたり5〜10メッツの身体活動を行なうとリスクが最大約30%減り、それ以上運動量を増やしても同レベルの効果が持続した。つまり。ジョギングでいえば、走り過ぎても脳梗塞の発症リスクは低いままなのだ。

(3)ところが、出血性脳卒中に限って発症リスクをみると、1日あたり5〜10メッツの運動量を超えると、いったん減少した発症リスクが、運動量が多くなるにつれ徐々に高まっていった。

(4)そこで、どの運動が出血性脳卒中のリスクを高めているのか、ジョギングとウォーキングを比較した。すると、ジョギングの身体活動量が1日あたり15メッツを超えると、発症リスクが逆に増加に転じた。15メッツとは階段を駆け上がるくらい強度のランニングを1時間続ける運動量。普通のランニングなら2〜3時間以上だ。そして1日30メッツも走ると、発症リスクが約30%増に跳ね上がった(グラフ参照)。

(5)一方、ウォーキングは、1日あたり15メッツを超えても発症リスクは約30%減のまま維持された。何と1日あたり40メッツを超えても約30%減のままだ。歩きすぎて健康を害することにはならないのだ(グラフ参照)。

今回の結果について、研究班ではこうコメントしている。

「脳卒中の予防には1日あたりウォーキングなら2〜4時間、ジョギングなら1〜2時間程度の運動が一番いいことがわかりました。これを毎日続けるのは難しいかもしれませんが、ウォーキングではどれだけ歩く距離が増えてもリスクは低下したままです。しかし、ジョギングのような強めの運動は、このレベルを超えて過剰に行なうと、(日本人に多い)出血性脳卒中のリスクを高めてしまう可能性が明らかになりました。研究対象者の年齢が、50〜79歳でしたので、それ以外の(若い)年齢の人に当てはまるかどうかは不明です」

J-CASTヘルスケア記者もジョギング愛好者で、50代から走り始め、毎日2〜3時間走った時期があった。面白いほどタイムが伸びるからだ。しかし、60代後半になった現在、毎日1時間もきつくなった。だが、60〜70代になっても記録を追い続け、ハードに走る人は非常が多い。気持ちはわかるが、くれぐれも健康であってこその楽しいランニング。自分を過信せず、健康診断をしっかり受けて、走りすぎは控えよう。