大迫勇也【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 1-1 イラク 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は13日、ロシアW杯アジア最終予選でイラク代表と対戦し、1-1で引き分けた。

 大迫勇也は最前線で身体を張り、安定したポストプレーで攻撃を後押しした。さらに前半8分にはヘディングシュート決めた。難しい態勢だったが「ニアで触れば入ると思った。イメージ通り」と振り返った。

 しかし、その後はチーム全体の重心が「後ろに行ってしまった」と言う。厳しい暑さの中でのゲームということで仕方のない部分もあったが、「もう少し我慢して前にとどまるべきだった。僕はちょっと1人で孤立してしまった気はする」と語った。

 そして、72分に同点ゴールを献上。「チーム全体として1-0で終わろうという意識でいた時に失点してしまった」と、大迫は悔しさを浮かべた。

 また、攻撃面についてはこう指摘する。

「(本田)圭佑さんのサイドでチャンスは作れましたけど、それ以外はなかなかできなかった。もっとバリエーションを増やしたいし、選手個々で意思疎通できれば」

 オーストラリア戦は勝利が求められる。「これをチャンスだと捉えて、次勝てば(W杯出場を)決めることができる。ハッキリした戦いができるので、チームとしてもいい方向に向かっていくんじゃないかなと思う」と、この日のドローを受け止めようとした。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部