久保裕也(撮影:PICSPORT)

写真拡大

13日、左サイドのFWとして出場した久保裕也は、なんのインパクトも残せないまま試合を終えた。終盤には足が痙攣を起こしている様子だったが、右SBの酒井宏樹が交代となったため、痛々しい姿のままでタイムアップのホイッスルを聞くこととなった。

久保がなぜ苦しんでいたのか。久保は相手の右SBのオーバーラップに対応すると同時に、相手の右サイドのMF2人を追う役も演じていた。長友佑都、井手口陽介とどう役割分担するのかに混乱が生じ、長友が盛んに指示を出してそれぞれのポジションを確認していたが、暑さの中ですぐに全員がスタミナを消耗していった。

足は「打撲が入って、そこがちょっとつったかなという感じでした」だという。大事に至らなかったのは何よりだったが、プレー面ではどう感じたのか。

「全然よくなかったと思います。プレー自体は。ただただ守備に追われて、攻撃の部分は何も出せずに終わったと思います」

開口一番、久保は自分自身への強烈な批判を口にした。マークが多すぎて消耗したのではないかという質問をすると、久保はその点には触れずに答え始めた。

「守備の割合は自分の場合多かったと思いますし、そこで攻撃に出て行くパワーがあまりなくて。もうちょっとうまくできたんじゃないかと思います」

「監督からもフィジカル的にキツイゲームになると言われてましたし、特に僕とか本田(圭佑)さんとかのサイドは運動量を求められていたので、そこでもっと上がっていかないといけなかったでしょう。でも、攻撃のところで裏に抜けるだけじゃなくてもっとバリエーションがないとダメかと思いました」

「ハーフタイムは特に監督から相手もバテてくるから裏に行けと言われましたし、気持ちのことをすごく言われました」

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の腹づもりとして、久保にとことん守備で追わせ、相手が疲れてきたところで乾貴士を投入したいという思惑があったのかもしれない。だが、井手口の負傷に始まり、予期せぬところから交代が相次いだ。そのため消耗しきった久保はピッチに立ち続け、余計に活躍できなくなったのではないだろうか。

もっとも、それでもゴールを求められるのがFWの役割。引き分けに終わったことで、日本はワールドカップ出場に王手をかけている。次のオーストラリア戦こそ、久保にゴールの期待がかかる。

【日本蹴球合同会社/森雅史】