本田圭佑【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 1-1 イラク 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は13日、ロシアW杯アジア最終予選でイラク代表と対戦し、1-1で引き分けた。

 貴重な先制点は、本田圭佑の左足から生まれた。試合開始早々の8分、CKから大迫勇也の得点をアシストした。だが72分に同点とされると、チームは勝ち越しゴールを奪えぬままタイムアップの笛を聞くことになった。

 シリア代表との親善試合ではインサイドハーフで質の高いプレーを見せたが、この日のイラク戦は右サイドで先発。タメを作って味方を活かすなど持ち味は発揮した。それについては「問題なくやれていた。基本的に相手のサイドバックも嫌がっていたので、落ち着かせるという点では問題なかった」と振り返る。

 一方で「アタッキングサードに入ってからのチームの意識というのは満足していない。非常に悔しかった。もう少しチャンス作りたかった」と、物足りない部分もあったようだ。

 本田はドロー決着を「非常に悔しい」としつつも「仕方ないです。切り替えました」と話す。そして、前向きな考えも明かした。

「勝っていたらだいぶ楽だったとはいえ、次の試合を勝たないといけないという点では、中途半端に次の試合『引き分けてOK』というよりもクリアになっていいのかなと。ポジティブに受け止めたいなと思う」

 今回の引き分けで状況はむしろシンプルになった。残り2戦、求められるのは勝利のみだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部