BoA、プレミアムライブで新旧の名曲を披露

写真拡大

BoAが6月13日(火)、100年以上の歴史を持ち世界で最も信頼される音楽ブランドであるビルボードにて<BoA THE LIVE in Billboard Live>を開催した。

◆ライブ画像

<BoA THE LIVE>は2006年よりスタートし“いい歌と演奏を届ける”をテーマにしたコンセプトライブ。この度2011年以来、約5年半ぶりの開催となり当初は東京と大阪の計8公演の予定であったが、チケットは即完売。急遽、東京での追加公演の開催が決定したが追加公演のチケットも即完売するなど話題のライブだ。

ピアノ、ギター、パーカッションのみのバンド編成で「VALENTI」「キミのとなりで」や、フジテレビ系スペシャルドラマ『大奥』の主題歌「Make Me Complete」など新旧の名曲をアコースティックバージョンにアレンジ。さらに新曲「Jazzclub」も初披露されると、印象的なイントロやスキャットなどジャズテイストが盛り込まれたBoAの新たな魅力を堪能できる楽曲に会場は大盛り上がり。アンコール曲「JEWEL SONG」歌唱時にはステージ後ろのカーテンがオープン。東京の夜景を一望できるシチュエーションとBoAの切ない歌声に観客は酔いしれ、計12公演のプレミアムライブに幕を閉じた。

2017年5月で日本デビュー15年イヤーを終え、あらたな一歩を踏み出すBoA。7月12日(水)には、現在放送中のドラマ『屋根裏の恋人』の主題歌「Right Here, Right Everywhere 」 の配信リリースも決定。これは「大切な人を思う気持ち」をストレートに歌ったBoA久々の珠玉の切ないバラードソングだ。