日本代表の久保裕也【写真:Getty Images】

写真拡大

【イラク 1-1 日本 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は13日、ロシアW杯アジア最終予選でイラク代表と対戦。イラク国内の政情不安のためイランのテヘランで開催された試合は1-1の引き分けに終わった。

 前半の早い時間に大迫勇也のゴールで先制した日本だが、追加点を奪えずにいると72分にイラクに同点ゴールを許してしまう。終盤には負傷する選手が相次いだこともあり、勝ち越すことはできずに試合を終えた。

 先発で出場した久保裕也も、足を痛めながらプレーを続けた選手の一人だった。「最後15分くらいだったので。足がつっていましたが、チームのためにプレーしました」と試合後にはコメントしている。

 酷暑の中で行われた試合は「結構きつかったですが、勝ち点1を取れたので良かったと思います」と久保。「自分としては良いプレーができなかったですが、アウェイでの勝ち点1をポジティブに捉えたいと思います」と負けなかったことの意義を強調した。

 8月31日にホームで行われる次節のオーストラリア戦に勝てば、日本代表は6大会連続のW杯出場が決まる。「またチームで結果を出せるように、選ばれたら貢献したいと思います」と久保は意気込みを見せている。

text by 編集部