大迫勇也【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 1-1 イラク 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は13日、ロシアW杯アジア最終予選でイラク代表と対戦し、1-1で引き分けた。

 先制点を挙げた大迫勇也は試合後、ドローという結果に「悔しいです」と一言。ゴールシーンについては「いいボールが来たので、当てれば入るかなと思った」と振り返った。

 酷暑の中で最後まで走り抜いたが、厳しい環境は「言い訳にはできない。僕らの課題が出た試合」ときっぱり。「1点取った後、チームの重心が後ろに下がってしまったことが問題だと思うし、あそこで2点目を取る意識がなかったので、そこは残念だった」と続けた。

 オーストラリア代表戦に向けては「勝つしかない。次はホームでできるので、次こそが大一番」と気持ちを切り替えた。

text by 編集部