日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 1-1 イラク 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は13日、ロシアW杯アジア最終予選でイラク代表と対戦し、1-1で引き分けた。

 前半8分に本田圭佑のCKから大迫勇也が決めて幸先よく先制した日本だったが、72分にゴール前の混戦から最後はマフディ・カミルに押し込まれて同点に追い付かれてしまう。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は試合後、失点シーンについて聞かれると、大きな溜息をついて「私にとっては少しがっかり」と悔しがった。

「失点のシーンは混乱があって何があったのかわからないが、イラクにそこまでチャンスがなかったのにもかかわらず同点に持ち込まれてしまった」

 日本はホームで開催される次節のオーストラリア戦に勝利すればW杯出場が決まる状況だが、猛暑の中の激闘は後味の悪い結果に終わってしまった。

text by 編集部