「楽天」を「LOTTE」と勘違い?中国人ファン、新ユニフォームでFCバルセロナを批判。2016年11月、東京で、FCバルセロナのスポンサー企業のひとつである日本の楽天市場のロゴと選手たちのディスプレイが掲げられている通路(BEHROUZ MEHRI/AFP/Getty Images)

写真拡大

 スペイン1部リーグのFCバルセロナ(FC Barcelona)が5月末に発表した新ユニフォームに対して、一部の中国人サッカーファンから誤認に基づくとされる、日本の楽天市場と同クラブに対する批判が集まった。「楽天」は中国で韓国企業LOTTEの表記と同じで、しばしば混同されている。

 FCバルセロナの2017〜18年シーズンの新ユニフォームの胸元中央には、昨年12月に同チームと4年間のパートナー契約を締結した日本ネット通販大手「楽天市場」を表すアルファベット「Rakuten」が大きく施されている。

 それに対して、一部のサッカーファンらは、韓国政府に高高度ミサイル防衛システム「THAAD(サード)」の配備地を提供した韓国企業、ロッテグループ(LOTTE)と勘違いし、ネット上でFCバルセロナへの批判と楽天市場のボイコット運動を呼びかけ始めた。

韓国の中国人観光客、3月は40%も減少
THAAD配備の中国措置で

 また、今年3月THAAD配備をめぐって中国国内でロッテへの不買運動が拡大していた中で、「楽天市場」は消費者の誤解を解くために、短文投稿サイト「微博(ウェイボー)」の公式アカウントで声明を発表し、「韓国企業のロッテとは無関係だ」と強調した。

 また同声明に対して、多くのユーザーから投稿された「あなたたちは良い楽天ですか、悪い楽天ですか」、「写真を見せて」などのコメントに対して、同社は「良い楽天です」などと一つ一つ丁寧に返信した。

 この真摯な対応に感服したユーザーたちは「間違えました。すみませんでした」と謝った。

 しかし、FCバルセロナの新ユニフォーム発表で、中国国内インターネット上では、またも「韓国のロッテと日本の楽天は同じ企業だ」とのデマが広がった。今回はサッカー強豪チームまで被害を受けている。そのデマに対して、「日本菓子メーカーのロッテと韓国のロッテグループは同じ系列企業だが、楽天市場は全く違う企業だ」と誤解をなくそうとするネットユーザーも多くいた。

(記者・沈煕傑、翻訳編集・張哲)