84歳にして人生初始球式に挑む仲代達矢

写真拡大

84歳の名優・仲代達矢が6月13日に東京ドームで行われた読売ジャイアンツ対福岡ソフトバンクホークス戦で人生初の始球式に臨んだ。

[動画]仲代達矢が暴露! 柄本明には本当に腹が立った

現在公開中の映画『海辺のリア』に主演している仲代は、自他ともに認める大の読売ジャイアンツファン。この日は自分の年齢と同じ「84」の背番号をつけたユニフォームを着てマウンドに上がった。

本番前にブルペンで練習した際に、高橋由伸監督から「思ったより遠く感じると思いますので、上の方に投げれば良いですよ」とのアドバイスを受けた仲代は、しっかりとしたフォームで投球。ノーバントとはならなかったものの、きれいな弧を描いたボールがキャッチャーミットに収まった。

投球後には「この場に立つことができ、夢のようです。川上哲治さん時代から50年来の巨人ファンだったので、昨日の夜は眠れないほどでした。わくわくした気持ちと緊張とが入り混じった、何とも言えない感覚でした。球場のみなさんの声援のおかげもあり、無事満足のいく投球ができました。自己採点をするなら120点。素晴らしい経験をさせていただきました。来年も始球式に登場したいですね(笑)。これからもジャイアンツを応援します!」と話していた。