大迫が貴重な先制ゴール! イラクとの灼熱の一戦、日本が1-0で前半を折り返す

写真拡大

引き分け以上ならW杯予選突破に王手

 ハリルジャパンが貴重な先制ゴールを奪って前半を折り返した。

 13日のロシア・ワールドカップアジア最終予選イラク戦で、日本代表はFW大迫勇也のゴールで1-0とリードしてハーフタイムに突入した。

 バヒド・ハリルホジッチ監督は4-2-3-1システムを選択。ダブルボランチにMF遠藤航とMF井手口陽介の最終予選初スタメンのリオデジャネイロ五輪代表コンビを送り出した。そして、この日が31歳の誕生日となったMF本田圭佑にキャプテンマークを託し、右ウイングに起用した。

 すると、その本田がいきなり結果を残した。前半8分、右CKを本田が左足で中央に入れると、ニアサイドでジャンプした大迫がヘディングで背後にすらせるようなシュートを放ち、ボールはサイドネットに吸い込まれた。日本は欲しかった先制点を手にした。

 その後も日本は全体的に主導権を握ってゲームを進めた。大迫がペナルティーエリア内に切り込んでPKかと思われるような場面もあったが、主審の判定はノーファウル。イラクがゴール前に攻め込んだ場面でも最終ラインが集中を切らすことなく対応し、無失点で締めた。

 試合はこのまま1-0でハーフタイムに突入。高温で乾燥した過酷な環境下での後半の戦いに挑み、引き分け以上の結果を手にすれば、W杯出場権獲得へ王手となる。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images