EXID、ミニファンミーティングを開催…「近況報告」から「5倍速ダンス」まで、多彩なコーナーでファンを魅了

写真拡大

EXIDがファンと特別な思い出を作った。

EXIDは、12日にソウル大学路(テハンロ) で開かれた3rdミニアルバム「Eclipse」のミニファンミーティングでファンと幸せな時間を過ごした。

EXIDは参加したファンの名前を1人ずつ呼びながら出席をとり、ミニファンミーティングを始めた。最初のコーナーではEXIDの近況を伝えるニュースコンセプトが行われた。司会を引き受けたジョンファは、SBS MTV「THE SHOW」のMCらしく、はっきりとした話し方と進行でファンの感嘆を誘った。

2番目のコーナーは、「絶対音感」「体で話します」「『昼よりは夜』5倍速ダンス」のゲームが行われた。「絶対音感」のコーナーでは、ヘリンが“発音ベタ”に選ばれ、メンバーやファンを笑わせた。

新曲「昼よりは夜」の5倍速ダンスを披露したEXIDは、乱れることのないダンスを踊りこなし歓呼を誘った。審査委員でありEXID内でダンスを担当しているジョンファは、「認める。姉さんたちはダンシングマシーンだ。私がダンシングマシーンだと思っていたけど、もう下手なことは言えなくなった」と、5倍速ダンスを完璧に踊りこなしたメンバーに拍手を送った。

最後にファンの投票でビリに選ばれたLEは、罰ゲームでファンと一緒に栄養ドリンクを飲んだ。EXIDは、一緒にいてくれたファンと団体写真を撮ってハイタッチをするなど、格別なファンへの愛情を見せた。

EXIDは「ファンの方々と一緒にゲームもして特別な時間を送り、もう1つの思い出を作れて楽しかった。惜しくも来れなかったファンの方々も、今後またこのような場を設ける予定なので、楽しみに待っていてほしい」と伝え、ミニファンミーティングを終わらせた。

EXIDは今月17日から香港を皮切りに、初のアジアツアーを行う。