出典:Nosh

相手がイケメンだと、ついアプローチに力が入ってしまいませんか? 相手がモテるタイプの場合、LINEの仕方もちょっと工夫させる必要があります。

なぜならモテているだけ、恋愛経験値が高いからです。小手先のテクニックでは、すぐに見抜かれてしまうでしょう。

そこで今回は、モテる彼の興味をうまく惹かせるLINEテクをご紹介します。

 

■猫のように気まぐれにLINEする

「モテ男だからって、媚びを売り過ぎない。結局、手に入りやすい女性を、男は相手にしないから。どこか素っ気なくて、でも、なんか気になっちゃう。そんな加減を狙って、LINEできるといいと思う。」(28歳/男性/販売)

モテ男を前にして、よくやってしまうのは、とにかく尽くしてしまうこと。「お疲れ様!○○どうだった?私も○○したんだけど……」という、長文メッセを送ったところで、よっぽど性格のいい男性か、あなたに義理のある男性しか返事は返さないでしょう。

例えるならネコのように、基本は自分ペースで、されど時にはデレる感じでLINEをしてみて。自分を安売りしてはいけません。

「お疲れ様!今日、寝坊して焦った!これから○○食べる!」など、一層のことモテ男のことなんか知らない、そんな態度でかかったほうが、男性はあなたに翻弄され、さらにその不思議な感覚に気になりやすくなるかもしれません。

 

■デキない自分を適度に見せる

「男性って保護欲があるっていうから、“しょうがねえなあ”と呆れられながら、面倒を見たくなる感じ。そんな自分の情けないところを適度に見せられるといいと思う。」(28歳/女性/サービス)

ルックスだけではなく、中身もイケメン男性の場合、相手と釣り合うだけの魅力ある女性になる必要があるでしょう。女性としての自立はもちろん大事なポイントですが、それだけではダメです。

たとえばドジなところがあるとか。癒し系で、放っておけないところがあるとか。男性は手を貸してあげたくなる女性に弱いのです。これはモテ男も同様でしょう。

ひとつ目のステップ例を借りるなら「寝坊した!」、ほかにも「私、車の駐車苦手なんだよねえ……」といったように、適度に自分の弱みを見せる。すると、男性の「面倒を見てあげたい」保護欲をうまく誘えるかもしれません。

 

■ルックス以外の良さを見つけて褒める

「やっちゃいけないのは、“○○くんって格好いいよね!”って、最初から言っちゃうことだと思う。モテ男にとって、それはもう分かっていることだから。“○○くんって、中身までイケメンなんだ”とか、ルックス以外の良さを褒めてあげるといいんじゃないかな。」(28歳/女性/IT)

たとえば相手がイケメンだった場合、周りから“イケメン”と言い寄られることに慣れています。そのため、端からルックスを褒めて近づいたところで、相手は「ああ、この子はイケメン好きなんだな」と、早々に思われてしまうのがオチです。

それよりも、相手の内面に目を向けましょう。「○○くんって真面目で素敵だよね」「あの時の○○くん、格好よかったなあ」といった具合です。

彼への理解を深めるために、イケメン以外の魅力も伝えられると、男性は「この子は、ちゃんと自分を見てくれている」と好感を抱き、あなたへの興味関心が高まるのではないでしょうか。

 

モテ男だからと、気負わず、そして自分を安い女に見せないこと。モテ男を手のひらで転がす勢いで、彼の興味を惹きつけてみてください。

【関連記事】

※ 既読スルー確定!男に悪印象を与える「ダメLINE」3つ

※ 2人のキョリが縮まる。好きな男にさりげなくアピールできるLINEテク

※ 「心配をしてくれた…キュン♡」あざと可愛いLINEで男心をつかめ!

※ 脈ありのサイン♡男が「好きな女子」にだけ送る口説きLINE

※ ハートマークにキュン♡男がドキッっとする女友達からのLINE

※ たまんねぇ…彼氏に「毎晩でも抱きたい!」と思わせるテクニック