毎日必ず行く場所といえば、そう“職場”ですよね。社内恋愛が禁止の会社もありますが、職場というのはある種、男女の出会いの場のような役目を果たすこともあります。毎日あいさつをし、互いに鍛えながら同じ目標に向かってとり組む――これが交際に発展することは、十分にありうることです。というわけで、社内恋愛のメリットについて今一度確認してみることにしましょう。

経験者が語る社内恋愛のメリットとは?

1: 毎日会える!

「彼氏の顔を毎日見られるから、全然寂しくならない!」(美容師/27歳/女性)

▽ やっぱり社内恋愛最大のメリットといえば、問答無用でコレでしょう! 毎日大好きな彼のそばにいられるというのは、恋する乙女にとってとても幸せなことだと思います。例えば「繁忙期で忙しいからデートができない!」などと言われたとしても、それがウソか本当かというのも分かりますし(なんなら、同じようにその時期は忙しいでしょうし)、彼の仕事リズムを把握できている分、ストレスフリーかもしれません。

2: 秘密の合図でドキドキ!

「エレベーターの中などで交わす目配せにドキドキする〜!」(受付/25歳/女性)

▽ あくまで職場ですから、分かりやすくイチャつくわけにはいきません。そのかわりに、秘密の合図や目配せをすることでドキドキすることができるというわけですよね! 筆者は社内恋愛の経験がありませんので想像(妄想?)することしかできませんが、これはドキドキしそうですね〜! 少女マンガのようなときめきが味わえそうです。

3: 彼の頑張る姿が見られる!

「同じチームなので、彼が頑張っているところをずっと見ていられるというのは、なんだかお得な気がします」(広報/30歳/女性)

▽ 社内恋愛でなければ、彼が仕事をしているところなんて見ることができませんからね。プライベートな顔とビジネスシーンの顔という両方の顔を知ることができるというのも、社内恋愛ならではのメリットだといえそうです。

4: モチベーションのキープに最適!

「彼に見られていると思うと、仕事に対するスタンスはもちろん、猫背にならないよう姿勢もシャンとしていなきゃいけないなと思って気合いが入ります!」(SE/29歳/女性)

▽ 仕事面でも美容面でも、大好きな彼を目の前にしているのに、手を抜くなんてありえませんよね! 社内恋愛では、いやおうなしにモチベーションをキープしやすい環境が整うため、気を引き締めやすいようです。

1日の大半を過ごす会社。特に日本は、世界の中でも長時間労働をしている割合が多い国ですから、社内に気の合う人がいれば、同僚・先輩・後輩という枠を超えて、お付き合いに発展するという可能性は少なくないのかもしれませんね!
まわりの目が気になる、別れた後が気まずい――などのデメリットもあるようですが、皆さまは社内恋愛についてどのように思いますか?