浙江省寧波と余姚を結ぶ都市間高速鉄道が10日、開業した。写真は余姚駅に停車中のCRH6F型都市間高速列車。

写真拡大

浙江省寧波と余姚を結ぶ都市間高速鉄道が10日、開業した。同鉄道には、中車青島四方機車車両股[イ分]有限公司(中車四方)の自主開発による、中国で初となる時速160キロメートルで走るCRH6F型都市間高速列車が導入された。同鉄道は、中国で初めて、都市間列車が現有の鉄道を走行する路線となった。経済日報が伝えた。

都市間高速列車には、中車四方が自主開発した「カスタムメイド」のCRH6F型都市間高速車両が採用される。同列車は国内で初めて時速160キロメートルで走る都市間高速列車で、「スピーディな発車・停車、スピーディな乗降、快適な乗り心地」などのメリットを備えている。一般的な高速鉄道列車と比べ、CRH6F型車両は、加速・減速能力がより優れており、地下鉄のように素早い発車と停車が可能で、駅間距離が短い路線の走行に適している。(提供/人民網日本語版・編集/KM)