日本代表、イラク戦スタメン発表! “主将”本田が5戦ぶり先発、井手口&遠藤も抜擢

写真拡大

 

本田がW杯予選では昨年10月オーストラリア戦以来の先発

 アジア最終予選の勝負どころとなるイラク戦で、バヒド・ハリルホジッチ監督はFW本田圭佑にキャプテンマークを託して先発のピッチに送り込んだ。

 ハリルジャパンのスタメンは、GKに川島永嗣(メス)が3試合連続で入り、最終ラインは7日の国際親善試合シリア戦と同じメンバーが並んだ。ダブルボランチはMF遠藤航とMF井手口陽介のリオデジャネイロ五輪代表コンビで、ともに最終予選は初先発となる。

 そして前線では、本田がキャプテンマークを託され、FW原口元気、FW久保裕也、FW大迫勇也の4人が並んだ。

 代表戦では5試合ぶり、W杯予選では昨年10月のオーストラリア戦以来4試合ぶりの先発となる本田は、ハリルジャパンのロシア行きを決定的とする勝利を、引き寄せるプレーを見せることができるだろうか。

 日本のスタメンは以下の通り。

GK
川島永嗣(メス)
DF
酒井宏樹(マルセイユ)
昌子 源(鹿島)
吉田麻也(サウサンプトン)
長友佑都(インテル)
MF
遠藤 航(浦和)
井手口陽介(G大坂)
原口元気(ヘルタ)
FW
本田圭佑(ACミラン)
久保裕也(ヘント)
大迫勇也(ケルン)

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images