フィッシングメールの内容

フィッシング対策協議会は、MUFGカードをかたるフィッシングメールが出回っているとして、注意を呼びかける文書を発表した。メールの件名は「WEBサービス利用者」で、メール本文は「登録カードを確認する必要がある」として、登録・確認のためにフィッシングサイトのURLをクリックするよう要請する内容となっている。同協議会によると、6月13日9時30分現在、フィッシングサイトは稼働中であり、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼中だという。

同協議会は、類似のフィッシングサイトが公開される可能性もあるとして、このようなフィッシングサイトでクレジットカード情報や個人情報、アカウント情報、メールアドレスなどを入力しないように注意を呼びかけている。発表資料
URL:https://www.antiphishing.jp/news/alert/mufgcard_20170613.html
2017/06/13
▷こちらもおすすめ

ドコモ、スマートフォンの2017年夏モデル2製品を6月15日に発売

 

サンワサプライ、MacBook用のUSB PD対応Type-Cハブ2製品を発売

 

Adonit、ポケットサイズの高精度なタッチペン「Adonit Mini 3」を発売