目にインパクトがあると、人の印象はガラッと変わります。目ヂカラを与えるのに欠かせないアイラインやマスカラ、付けまつげ、そして最近ではカラーコンタクトレンズ(カラコン)も、目元のおしゃれアイテムとして人気を博しています。付けまつげのような感覚でカラコンを装着する人が増えており、カラコンが起こす目の障害が問題となっています。

カラコンは目に障害を起こしやすい

色や柄が施されているカラコンは、目を大きく見せたりと、目の印象を変えておしゃれを楽しむためのコンタクトレンズです。若い世代の女性を中心にカラコン使用者が急増、同時に目の不調を訴える人が増えています。カラコンの問題点とされるのが、処方せんなしでも、簡単に通販や近所のお店で買えることで、これらには粗悪品も少なからず含まれていることを意味します。レンズの素材が悪く、また着色料がはがれてしまうものがあり、目に障害を起こすことが指摘されているのです。

カラコンの低い酸素透過性とはがれ落ちる着色料

おしゃれ感覚で装着するカラコンは、実はリスクの高いレンズともいえます。カラコンを使用するなら、カラコンが目に与える影響を、きちんと事前に把握しておく必要があるでしょう。カラコンは酸素透過性の低さと、着色料がはがれやすいことが問題視されています。酸素透過性が重要であるのは、目は酸素を必要とするからです。目の角膜は、涙に含まれる酸素を取り込み呼吸をしています。一般にコンタクトレンズを装着すると、角膜を覆ってしまうため呼吸しにくくなります。

だからできるだけ酸素透過性の良いレンズを選ぶことで、目の負担を減らすことができるのです。しかしカラコンの酸素透過性は、コンタクトレンズの中で最も低く、目が酸欠状態になり充血が起こったり、角膜の乾燥から傷ができ、感染症が起こりやすくなります。それからカラコンの着色料に関しては、厚生労働省の承認を受けているカラコンでも、強くこすると色落ちするものがあるそうです。カラコンの着色料は、主にアルミニウムなどの金属を主成分としています。これらの成分が目に与える影響は大きく、目に溜まり障害を引き起こすことがよくあるのです。

カラコンは必ず眼科で購入しましょう

以前、度なしのカラコンは、処方せんのいらない「雑貨」として扱われていました。しかしあまりにもカラコンによる眼の障害が多く、それを重く見た厚生労働省は2011年2月より、度なしのカラコンも「高度管理医療機器」として規制を行うことにしたのです。厚生労働省の承認がないと販売できなくなってしまうことになり、安全性を十分確認しないまま、政令が施行される直前に、販売許可の届けが出されたものが多くあるといいます。このような「高度管理医療機器」ではない粗悪なカラコンも存在するようです。カラコンは決して目に良いコンタクトレンズとは言えません。

それでもおしゃれとしてカラコンを楽しみたい!と言う場合は、必ず眼科を受診した上でカラコンを購入するようにしましょう。目のカーブを測定してもらい、目の形に沿ったコンタクトレンズを使用することも大切です。そして酸素透過性の良いものを選び、かつ装着時間を短くして目の負担を極力少なくするようにしましょう。カラコンによる障害から、視力を大きく落としてしまう場合もあります。将来後悔しないためにも、カラコンは慎重に扱うようにしましょう。


writer:Akina